桜庭一樹 『GOSICKs検‥澆離汽リファイス』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

GOSICKs シリーズ

 

 

 

 ヴィクトリカ・ド・ブロウが2回目の大戦の前に

 

ソヴェール王国のオカルト省に幽閉される前日の

 

聖マルグリット学園は、昔貴族たちがこぞって

 

遊んだ人間チェス大会が開催。

 

つかの間の幸せを享受するヴィクトリカ・ド・ブロウ。

 

そして、コルデリア・ギャロをヴィクトリカ・ド・ブロウと

 

間違えて、話をするアブリル・ブラッドリー。

 

大きな出来事の前日に様々な人たちが、聖マルグリット学園の

 

イベントに集結したのは、これから起こる恐ろしいことへの

 

対比なのでしょうか。とても楽しく聖マルグリット学園の

 

生徒たちやイベント参加者たちが描かれていました。

 

 

 

 ジャクリーヌ・ド・シニョレーとヴィクトリカ・ド・ブロウの

 

出会いは、聖マルグリット学園の秘密の書庫でありました。

 

ソヴェールの武器庫でもある聖マルグリット学園には

 

色々な場所に秘密の書物や物が隠されているのですね。

 

必死に知識を溜め込もうとする中の出会い。

 

ジャクリーヌ・ド・シニョレーはヴィクトリカ・ド・ブロウを

 

人形のように愛でるが、当然ヴィクトリカ・ド・ブロウは

 

杖で頭を叩かれたとなっては、脱兎のように逃げます。

 

この2人の日常は、ちょっとしたコメディーですね。

 

大いに笑えました。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 

 


尾崎英子 『小さいおじさん』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

 仲代曜子は、ハウスメーカーに勤める設計士。

 

バリバリのキャリヤウーマンでもある。

 

そんな彼女が、たまたま参加した中学校時代の

 

同窓会で再会したフリーターの当間朋美が近所の音無神社で

 

人差し指サイズの白いランニングに白い股引を

 

身に着けた小人を見たという、ちょっとネタかなと

 

思われる情報を信じていなかったが、何故だか

 

印象に残っていた。

 

 

 

 同じく同窓会に参加した持田紀子は、仲代曜子と違い

 

当間朋美の都市伝説のような話を信じて娘と神社に

 

出向いたが収穫は、なし。

 

しかし、神社で願った「ママ友が出来ますように。」は

 

その後、小さいおじさんをみたいという、ママ友達との

 

交流に役だったのだから、都市伝説もまんざらでは

 

ないのかもしれない。

 

信じるか信じないかは、当人次第。

 

結局、心構えと云うか生き方の違いなのでしょう。

 

 

 

 当間朋美の小さいおじさんの話は、スピリチュアル系の

 

ブログからの情報を自分で見たと言った嘘でした。

 

そんな嘘に惑わされる持田紀子は、ちょっと可愛そうですが

 

神社に願ったことがかなったのならば、嘘も役だったのかも

 

しれません。そんな当間朋美に降りかかった災難?は

 

不倫相手の妻からの誘いのメール。

 

やはり、嘘をつくとロクでもないことになります。

 

 

 

 

  結局、本書はモダンホラーでなく、人物像を描いた

 

作品だったので、想像していた物とは違いました。

 

でも、偶にはこのような作品も読んでみると

 

他人の思考が面白く感じます。

 

 

 

文藝春秋

 

 

 

【言及リンク】

 

 


桜庭一樹 『GOSICKs掘―の花の思い出』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

GOSICKs シリーズ

 

 

 

 夏が終わり、秋が始まった聖マルグリット学園。

 

少し涼しくなったせいなのか、すっかり風邪をひいてしまった

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウに九城一弥は、世話を焼く。

 

何時ものように寝相が悪くて風邪を引いたのではなく

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウの風邪は、ベルゼブブの頭蓋から

 

脱出する際に水に濡れてしまったからだったのね。

 

そのような理由だったのならば、九城一弥が

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウの世話を焼くのは当然ですね。

 

 

 

 

 白い薔薇とフランス革命時代の乳母の手記を

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウの元に持ってきたのは

 

手記の中に白い薔薇が登場するなんて

 

九城一弥もなかなか、やりますね。

 

いつの間にやらスキルを上げてみたいです。

 

それは、セシル先生に特訓された成果なのか。

 

それもとヴィクトリカ・ド・ブロウに、こき使われて

 

見に付いてしまったのか。

 

どちらか分かりませんが、九城一弥も苦労人のようです。

 

 

 

 本に登場する事件の真相を解く、ヴィクトリカ・ド・ブロウ。

 

現場に居なくてもカオスと集めることにより

 

真相を見抜いてしまう、素晴らしき頭脳。

 

このところ短編ばかり読んでいたので

 

そろそろ『GOSICK シリーズ』の長編を

 

読みたくなってきました。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


桜庭一樹 『GOSICKs供_討ら遠ざかる列車』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

GOSICKs シリーズ

 

 

 

 聖マルグリット学園は夏期休暇になり生徒たちは実家に帰ったり

 

避暑地に行ったりとして閑散とした中、残っている一部の先生と寮母。

 

なんだか聖マルグリット学園が廃校された学校のように

 

思えてしまいます。しかし、聖マルグリット学園に幽閉された身の

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウは依然、退屈しのぎに本を

 

読み漁っていますが、それでも退屈さは解消されません。

 

 

 

 折角、アブリル・ブラッドリーに地中海の避暑地の別荘に

 

誘って貰った九城一弥。避暑地に行くことを了承しておきながら

 

九城一弥の次兄から来た手紙を理由に聖マルグリット学園に

 

残ったのは、ヴィクトリカ・ド・ブロウのことが

 

心配だったからなのでしょう。

 

九城一弥に恋心を持つ、アブリル・ブラッドリーは

 

報われませんね。

 

 

 

 現地に行かず、アブリル・ブラッドリーから来た手紙の内容と

 

新聞からの情報だけで事件の真相を明らかにする

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウは流石ですね。

 

しかし、九城一弥までがアブリル・ブラッドリーのことを

 

屁こきいもりというのは、ちょっと可愛そうです。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


大石英司 『第三次世界大戦6 香港革命』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

サイレント・コア シリーズ

 

 

 

 中国本土に自衛隊が上陸したと偽の映像などを流すCIA。

 

人民解放運は偽情報を見抜き、あまり効果がない模様。

 

現代社会のように情報通信網が至る所にあるので

 

偽映像などを流しても、審議を判定するのは

 

時間の問題です。相手を動揺させるには

 

手間がかかり過ぎて、無駄なんのでは。

 

 

 

 ロシアが3Dプリンタを使って、部品を大幅に

 

コストを下げ、大量生産した無人機は1機では

 

直ぐに撃ち落とされてしまうが、千期単位で押し寄せてくると

 

防衛が出来ません。無人機と言っても無線操作ではなく

 

あらかじめ飛行ルートと攻撃地点が設定されているため

 

電子妨害も出来ない。

 

これは高額なスティルス戦闘機を調達するよりも

 

費用対効果が抜群に良いので、中国がその気になれば

 

圧倒的な軍事力にあるのでしょう。

 

このような攻撃に成すすでがない、アメリカ海兵隊と

 

自衛隊は、逃げるしかないのでしょうか。

 

 

 

 香港革命の美女は、中国に居る軍属と恋愛関係にあった。

 

これはこれで、大変なことですがMI6は、事前に知っていたのに

 

何故、彼女を担ぎ出したのでしょう。

 

中国が香港に対して、約束を破った報復なのか。

 

これでは第三次世界大戦勃発まで、時間があまりありませんね。

 

 

 

中央公論新社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


<< | 2/131PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode