仲町六絵 『からくさ図書館来客簿 第三集 −冥官 小野篁と短夜の昔語り−』

JUGEMテーマ:読書感想文
 


 

 

   からくさ図書館来客簿シリーズ

 

 天道、地獄道、修羅道、餓鬼道、畜生道があるが

 

 また、現世で善い行いをしたにも関わらず天道にも行けず

 

 現世を彷徨い続ける道なし。冥官により天道に導かれなければ

 

 何れ消えてしまう悲しい運命が待っている。

 

 道なしたちを縄張りにおびき寄せたり探し出すのが冥官です。

 

 

 

 『からくさ図書館来客簿』は、冥官の中でも

 

 昼は役人、夜は冥官として閻魔大王に仕えていたとされる

 

 小野篁と時子の現世で冥官として活躍するストーリーといったところです。

 

 

 

  ちょっと前置きが長くなりましたが

 

 第三集で登場した太田道灌。

 

 江戸城を築城した人物ですが、出家していたとは

 

 本書を読むまで知りませんでした。

 

 主君に裏切られて惨殺された太田道灌が

 

 道なしたちを救うために歩き回っている設定は意外でした。

 

 

 

 一見、強面で竹刀を持っている太田道灌に

 

 付け回されるとなると恐怖を感じてしまいます。

 

 第三集から完全なホラーになってしまったのかと

 

 心配しましたが、いつも通りの心に優しいストーリーで安心しました。

 

 

 

メディアワークス文庫

 

 

【言及リンク】

 


スポンサーサイト

  • 2019.07.17 Wednesday
  • -
  • 12:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
まさか、こっちにも菓祖の田道間守命が出てくるとは。 実際にその人が出てきたわけではなく話の中でというわけではありますけど、 直前に読んでいた御用人でこういう神様の存在を知った直後に 別の話で名前を見るというのは何か嬉しいですね。 さてはて、今回は5
  • ぐ〜たらにっき
  • 2015/04/05 8:19 PM
   初夏。京都の一角に冥官・小野篁が館長を務める「からくさ図書館」が開かれてから、半年と少し。開館から変わらぬアットホームな佇まいの中、現世で道に迷う“道なし”と出会ったお客様を、その解決法を記した不思議な書物“偽書&
  • まったり☆てぃ〜たいむ
  • 2015/04/17 9:35 PM

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode