太田紫織 「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 雨と九月と君の瞳」

JUGEMテーマ:読書感想文


 

  櫻子さんの足下には死体が埋まっている シリーズ

 

 九条櫻子の過去が次第に明らかになるにつれて

 

 館脇正太郎に危機が迫るのか?

 

 そんな予感がする本書でした。

 

 美人薄命ならわかるけど、かわいいツバメも薄命?

 

 なんだか怪しい雲行きでした。

 


著者 太田紫織

角川書店より出版

 


【言及】

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.11.23 Thursday
  • -
  • 13:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
   北海道、旭川。僕、正太郎と、櫻子さんが住む街だ。櫻子さんは、抜群の美貌とスタイルを持つお嬢様。けれどどこか残念なのは、彼女が骨を好き過ぎるから。その雄弁さに惹かれ、真実を探り出す様は、まるで探偵。そんな彼女が、僕の高校の文化祭に来ることに。黙っ
  • まったり☆てぃ〜たいむ
  • 2014/02/16 9:54 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode