映画 舟を編む

JUGEMテーマ:映画館で観た映画
 


 

冒頭は凄く地味なストーリー。

 

西岡正志と三好麗美のことがなければ

 

平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。

 

中盤から後半は、辞書製作の苦労を現しているかのように

 

年代が飛ぶが、林香具矢役の宮崎あおいのメイクが

 

若い頃から中年になると髪が短くなり

 

目尻も表現されるなど細かいメイクが印象的でした。

 

 

 

2013年 松竹、アスミック・エース

 

キャスト

 馬締光也・・・・・松田龍平

 林香具矢・・・・・宮崎あおい

 西岡正志・・・・・オダギリジョー

 岸辺みどり・・・・黒木華

 タケ・・・・・・・渡辺美佐子

 三好麗美・・・・・池脇千鶴

 村越局長・・・・・鶴見辰吾

 荒木公平・・・・・小林薫

 松本朋佑・・・・・加藤剛

 松本千恵・・・・・八千草薫 

 

 

 

映画『舟を編む』公式サイト


 

 

【言及】

 

 

 

 



スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • -
  • 22:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
舟を編む@東商ホール
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2013/04/13 10:45 PM
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/04/13 10:53 PM
2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。 言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と人に対する愛情や挑戦を描いた感動作を、「剥き出しにっぽん」で第29回ぴあフィルムフ
  • パピとママ映画のblog
  • 2013/04/13 10:56 PM
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2013/04/13 11:07 PM
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/04/13 11:27 PM
舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛 公開: 2013年4月13日 2013
  • 映画@見取り八段
  • 2013/04/14 2:43 AM
大渡海めっちゃ欲しい。  
  • Akira's VOICE
  • 2013/04/14 2:11 PM
なんか
  • 頑張る!独身女!!
  • 2013/04/14 2:33 PM
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
  • 悠雅的生活
  • 2013/04/14 3:15 PM
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(
  • いい加減社長の映画日記
  • 2013/04/14 6:15 PM
公式サイト  http://fune-wo-amu.asmik-ace.co.jp/ 2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説は、本屋に山積みされているのは見たけど未読。 なにより、宮?あおいちゃんの出演作なら例え面白くなくても見逃せない。 玄武書房に勤務する馬締光也
  • 萬歳楽の酒飲み日記
  • 2013/04/14 8:41 PM
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2013/04/14 8:45 PM
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光
  • 充実した毎日を送るための独り言
  • 2013/04/14 9:09 PM
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem
  • **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
  • 2013/04/14 11:17 PM
2013年4月14日(日) 15:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイな好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書編集の話。気の長い仕事なのだろうと思ったが、三省堂の大
  • ダイターンクラッシュ!!
  • 2013/04/14 11:57 PM
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正など、気が遠くなるほど地味な作業
  • 象のロケット
  • 2013/04/15 5:12 PM
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や
  • ラムの大通り
  • 2013/04/15 10:52 PM
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 2013/04/16 12:23 AM
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2013/04/16 7:23 AM
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2013/04/16 2:46 PM
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
  • よくばりアンテナ
  • 2013/04/17 7:40 AM
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...
  • シネマをぶった斬りっ!!
  • 2013/04/17 7:56 PM
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
  • はらやんの映画徒然草
  • 2013/04/17 8:36 PM
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
  • たいむのひとりごと
  • 2013/04/17 9:26 PM
言葉は思考であるという考え方に基づく記号論があるように、言葉の世界は果てしなく広く深い。 言うならば、ことばは人間の活動全てであると言っても過言ではない。 また、言葉は新たに生まれ又は死んで...
  • センタのダイアリー
  • 2013/04/17 9:35 PM
映画「舟を編む」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2013/04/18 12:27 AM
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4
  • 京の昼寝〜♪
  • 2013/04/18 12:15 PM
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
  • にきログ
  • 2013/04/20 10:52 PM
辞書作りって大変なんだな。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2013/04/21 2:04 AM
映画『舟を編む』は小生にしては珍しく原作を先に読んでいたのですが、良い映画化でし
  • 大江戸時夫の東京温度
  • 2013/04/21 9:26 PM
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
  • タナウツネット雑記ブログ
  • 2013/04/23 11:00 PM
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2013/04/24 10:09 PM
家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右” おぉ〜〜〜! ホントに書いてあるぅぅ〜 馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話 この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました 思わずクスクスしてしまった 辞書って・・・ 作るの大
  • ゆっくり歩こ。
  • 2013/04/26 11:18 AM
真面目なマジメくんが面白い。
  • 塩ひとつまみ
  • 2013/04/26 8:21 PM
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
  • カノンな日々
  • 2013/04/27 9:19 PM
松田龍平はもちろんのこと、西岡役のオダギリジョーがとても良かった!
  • ポコアポコヤ 映画倉庫
  • 2013/04/28 1:49 PM
映画「舟を編む」★★★★ 松田龍平、宮崎あおい オダギリジョー、黒木華 出演 石井裕也監督、 134分、2013年4月13日より全国公開 2012,中国,角川映画 (原題/原作:舟を編む/三浦しおん) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← この映画
  • soramove
  • 2013/04/29 11:37 PM
★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という辞書を15年間かけて製作している。事業として
  • ケントのたそがれ劇場
  • 2013/05/01 1:01 PM
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ
  • 笑う社会人の生活
  • 2013/05/04 10:11 AM
 今日も新宿ピカデリー。『舟を編む』を観てきました。原作は未読ですが、文庫になったら読むつもりです。  これまで読んだ三浦しをんさんの小説の中では(それほど読んではいないけど)、『まほろ駅前多田便利軒』と『神去村なあなあ日常』がお気に入りです。 Sto
  • 健康への長い道
  • 2013/05/04 10:52 PM
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
  • お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
  • 2013/05/05 10:29 PM
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
  • 単館系
  • 2013/05/22 10:06 PM
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に
  • C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
  • 2013/06/11 11:03 PM
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、
  • 映画のブログ
  • 2014/01/03 8:51 PM
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編
  • いやいやえん
  • 2014/01/06 8:44 AM
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2014/02/08 4:22 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode