碧野圭 「書店ガール」

JUGEMテーマ:読書感想文
 

 

嫌いあっていた女性同士が、店の危機に対して

 

手を取り合い、様々なイベントを行い店の収益を

 

改善していくさまは、ちょっとしたビジネス小説と

 

いったところでしょう。

 

経済小説よりも読みやすいのが、良いです。

 

 

 

著者 碧野圭

角川書店より出版

 

 

【言及】

 

 




スポンサーサイト

  • 2017.03.27 Monday
  • -
  • 13:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 主人公の理子は、吉祥寺の書店に勤めるアラフォー副店長。彼女には天敵がいる。理子を除けば唯一の女性正社員で部下の亜紀だ。二人の間は相当険悪。なにしろ、亜紀は、自分 ...
  • 風竜胆の書評
  • 2014/08/31 7:52 AM
アマゾンのようにネットで本が手軽に買えるようになったり、電子書籍が普及してきたり
  • はらやんの映画徒然草
  • 2015/09/09 7:55 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode