辻村深月 「ふちなしかがみ」

評価:
辻村 深月
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 620
(2012-06-22)
コメント:実際に起きそうな出来事なので本を読んでいて、背筋がぞっとしました。

JUGEMテーマ:読書感想文
 

 

 表題の「ふちなしかがみ」は、とてもこわい話でした。

 

都市伝説のとおりにすると未来が見えると信じた女子高生。

 

実際に未来を見た気がしたが、さまざまな出来事の中

 

娘が自分を苦しめていると、現実と妄想の区別がつかなくなり

 

恐ろしい行動に出る女子高生。

 

実際に起きそうな出来事なので

 

本を読んでいて、背筋がぞっとしました。

 

 

 

著者 辻村深月

角川書店より出版

 

 

 

【言及】

http://d.hatena.ne.jp/shiba_moto/20090831/1251687453

¥

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday
  • -
  • 23:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
抜粋 ひややかな恐怖が胸に迫る ―青春ミステリの気鋭が初めて封印を破った現代の怪談!おまじないや占い、 だれもが知っていた「花子さん」。夢中で話した「学校の七不思議」、 おそるおそる試した「コックリさん」。やくそくをやぶったひとは、だぁれ? その向こ
  • ねこやま
  • 2012/11/28 12:40 AM
ホラー短編集。
  • Bookworm
  • 2012/11/28 11:06 AM
辻村深月さんの「ふちなしのかがみ」。 夏休みの自由研究で、学校に伝わる「若草南小学校の花子さん」を取り上げたさゆり。みんなから 陰で「お化け」と呼ばれていることは知っている。みんなの悪口には慣れたし、花子さんなんて 怖くない。本当に怖いのは――。
  • ミステリ読書録
  • 2012/12/01 6:39 AM
著者:辻村深月 ふちなしのかがみ(2009/07/01)辻村 深月商品詳細を見る 怪談話をモチーフにした5編を収録した短編集。 まず、この作品に関しては、バラエティ豊かだな、というのを感じる。まっすぐに...
  • 新・たこの感想文
  • 2012/12/01 7:06 AM
「ふちなしのかがみ」辻村深月   踊り場の花子/ブランコをこぐ足 /おとうさん、したいがあるよ /ふちなしのかがみ/八月の天変地異 の5編のホラー的な短編集。 インタビュー 引き続き、辻村さん! ホラーな短編。 感想それぞれ 「踊り場の花子」  夏休
  • 読書感想文 と ブツブツバナシ
  • 2012/12/12 6:48 PM
著者:辻村 深月 出版社:角川書店 感想: ブロガーさんにも人気の高い辻村深月さん、初読みです。 「ふちなしのかがみ」は、子供の頃に誰もが噂した、"学校の怪談"や"コックリさん" ...
  • どくしょ。るーむ。
  • 2012/12/29 12:26 AM

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode