米澤穂信 「遠回りする雛」

評価:
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 660
(2010-07-24)

JUGEMテーマ:読書感想文

 

◆古典部シリーズ

 

 幾つかの短編からなっている小説でした。

 

 気になるのは、「大罪を犯す」。

 

 大罪を犯すと聞いて、思い浮かべるのは

 

 ・盗みをする

 

 ・人を殺める

 

 ・ストーカー行為や悪戯電話で嫌がらせをする

 

 などありますが、千反田えるが犯しただろう罪は

 

 お嬢様らしい思考なら出ではのものでした。

 

 普段と違った行動をとったとからでしょうか。

 

 伊原摩耶花なら恐らく日常的にある出来事なのに。

 

 

 

著者 米澤穂信

角川書店より出版

 

 

 

【言及】

 

 

 


 

スポンサーサイト

  • 2020.09.21 Monday
  • -
  • 14:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
古典部シリーズの短編集。 高校一年生の一年間のお話。 時系列的には「氷菓」の途中から始まり、「クドリャフカの順番」の先まで。 というか、「クドリャフカ〜」が文化祭の話 ...
  • 時間の無駄と言わないで
  • 2012/10/27 2:25 PM
米澤穂信さんの古典部シリーズ第4弾、「遠まわりする雛」を読み終えました。 これまで長編ばかりだった古典部シリーズですが、第4弾は奉太郎が古典部に入部してから2先生になるまでの1年間に起きた事件...
  • 日々の記録
  • 2012/10/27 6:05 PM
遠まわりする雛 (角川文庫)米澤 穂信角川書店(角川グループパブリッシング) 今回は、米澤穂信『遠まわりする雛』を紹介します。古典部シリーズ第4弾になります。今回は、古典部部員4名が入部してから1年間で起きた出来事にまつわる短編集です。短編集の謎解きとしては
  • itchy1976の日記
  • 2012/10/28 9:04 PM
著者:米澤穂信 遠まわりする雛(2007/10)米澤 穂信商品詳細を見る 「省エネ」をモットーとする折木奉太郎。そんな彼が姉の言葉もあって神山高校古典部に入ってからの1年を綴った連作短編集。 一応、物...
  • 新・たこの感想文
  • 2012/10/30 8:35 PM
遠まわりする雛 米澤 穂信 ついこの間「クドリャフカの順番」を読んだばっかりなので、よく知ってる友人に会ったような気分。やっぱり「古典部」いいなぁ。 いつものようにえるの「気になります」に省エネホータローが引きずられる訳ですが、4月から次の3
  • ナナメモ
  • 2012/11/12 10:18 AM

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode