村谷由香里 『ふしぎ荘で夕食を 〜幽霊、ときどきカレーライス〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 『〜幽霊、ときどきカレーライス〜』という副題が

 

ついているので、シリーズものかと思って

 

調べてみたら、本書は『第25回電撃小説大賞

 

<メディアワークス文庫賞>』で『ドミトリーで夕食を

 

を受賞した著者の作品でした。

 

タイトルが違うのは、受賞後手直しなどをして

 

出版したからなのでしょうか。

 

 

 

 古い学生用下宿の『深山荘』で暮らす七瀬浩太。

 

寮は夕食付きで、夕食を作ってくれるのは

 

大家さんの孫娘で、同じ大学に通う1年先輩の

 

深山夏子。料理の腕は素晴らしいし

 

同じサークルの学生がうらやむほどの美人。

 

恵まれている環境には、裏があります。

 

 

 

 『深山荘』には大学8年生の児玉さんが

 

いますが、彼は大学で授業を受けないので

 

8年も大学に通っています。

 

また、春に大学生になった中村沙羅は

 

床にあおむけになり瞑想をよくするので

 

『深山荘』で買っている猫のポテトに

 

上に乗っかられて瞑想が苦行になっています。

 

とても笑える状態なのですが

 

中村沙羅には幽体離脱という特技があり

 

『深山荘』で起こる幽霊やポルターガイスト

 

現象は全て中村沙羅の仕業だと七瀬浩太は

 

思い込んでいました。

 

事実が判明するまでは、ほがらかな展開

 

ですが、本書はモダンホラー的な小説です。

 

当然、幽霊も登場しますし

 

不思議なものも登場します。

 

でも、怖くないのがモダンホラー。

 

終わりよければ全て良しですね。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.09.21 Monday
  • -
  • 21:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode