柴田よしき 『星の海を君と泳ごう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

ララ シリーズ

 

 

 

 偶然、手に取った『星の海を君と泳ごう』。

 

読み進めていくうちに、どんどんストーリーに

 

嵌って行き、あっという間に最後まで

 

読めてしまいました。

 

久しぶりにSF冒険ものを読むと

 

著者の想像力の豊かたさ解りますね。

 

 

 

 苦学生のララが、友人からの紹介で始めた

 

学生のインタビューのアルバイト。

 

そのアルバイトの真の目的は、学生が

 

突然消えたことを突き止めること。

 

そんな裏の事情にも裏があり

 

事態が進行しても、ララ・ウィルコックスは

 

流れに逆らえずに巻き込まれてしまいます。

 

しかし、このアルバイトの裏の首謀者でもある

 

ウンヨン・キムには、ララ・ウィルコックスは

 

ワイルドカード的で、不確定要素。

 

優秀な人材ばかりでは、ミッションクリアーは

 

時間がかかってしまう。だから、不確定要素な

 

ララ・ウィルコックスを自分の戦略に組み込むとは

 

将来の銀河連邦大統領候補としては

 

考えたものです。

 

ララ・ウィルコックスが起こす行動や

 

考えが事態打開の切っ掛けになるのは

 

読んでいて面白かったです。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.03.20 Wednesday
  • -
  • 02:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode