中村航 『デビクロくんの恋と魔法』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 デビクロくんと聞くと悪魔を連想してしまいますね。

 

なので、悪魔が恋のキューピットになるような

 

ストーリーだと想像していたら、全然違いました。

 

なんてことですか!

 

 

 

 本の挿絵は、悪魔の様なサンタクロースのような

 

一枚ものの、デビクロくんのイラストと

 

ちょっとしたメッセージ。

 

これだけ見ると社会風刺のイラストみたいです。

 

 

 

 デビクロくんは、悪魔ではなく絵本参加を夢見る

 

男がいつの間にやら、恋のキューピット?

 

なんだか、お笑いのような感じでしたが

 

デビクロくんの挫折は、杏奈の挫折。

 

ああ、恋する乙女にはデビクロくんは

 

スーパーヒーローだったのですね。

 

スーパーヒーローとの出会いが

 

幼い頃のクリスマスの出来事だったのは

 

ちょっと出来過ぎです。

 

本書を読んで、映画『MIRACLEデビクロくんと恋の魔法』

 

を見たくなるのは、至極当然の事なのでしょう。

 

もう少し、早く読んでおけま良かったと

 

ちょっと後悔しています。

 

 

 

 この手のものは、最後はハッピーエンドになるのは

 

お約束ですね。一皮剥けた、デビクロ君の

 

今後は輝ける未来が待っているのでしょう。

 

 

 

小学館

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.03.20 Wednesday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode