中村航 『年下のセンセイ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 予備校で事務職に就いている契約社員の本山みのり。

 

社内恋愛だったのにいつの間にか振られてしまい

 

職場の人と元彼の結婚式の二次会に出席するのは

 

成り行きで出席したとしても心穏やかには

 

居られません。案の定、三次会で行った先で

 

管を巻く女性を傍から見ていて、惨めさが出てしまうのは

 

仕方がないこと。

 

そんな中、出会ったのがデーテンダーをアルバイトにしている

 

生け花居室で助手をしているセンセイでした。

 

 

 

 やはり、十歳近く歳が離れていると

 

後のことを考えてしまうのは、皆同じこと。

 

決断と相手を信じることが歳の差カップルが

 

恋愛を長く続けることの秘訣ではないでしょうか。

 

三十路近くの本山みのりの心の動きが

 

上手く表現されており、読んでいると

 

本山みのりの動揺が、手に取るようにわかります。

 

 

 

 待ち続けること相手を信じることは

 

行動を相手の心を感じることで

 

遠距離恋愛になったとしても、長く続けられるのでしょう。

 

最終的にハッピーエンドに向かう方向になりましたが

 

本山みのり行動を知って親友の決断は

 

正反対のものでした。

 

これも人生の選択ですね。

 

 

 

幻冬舎

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.02.20 Wednesday
  • -
  • 13:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode