朱白あおい 『乃木若菜は勇者である 下』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

結城友奈は勇者である シリーズ

 

 

 

 

 結局、バーテックスとは天の神で

 

神樹とは、土地の神。

 

その神同士が戦争を始め、天の神の圧倒的な

 

有利の状況になったのが、『結城友菜は勇者である』

 

シリーズのあらましと云うことが

 

『乃木若菜は勇者である 下』で分かりました。

 

なんと、説明が足りないシリーズなのでしょう。

 

色々知りたいという好奇心を購買意欲に

 

向けるために、状況をぼかしてストーリーを

 

進めていったのでしょうか?

 

かなり、不親切なシリーズという感じを受けました。

 

 

 

 西暦の終わりの頃に初代勇者が誕生し

 

勇者システムの開発に様々な苦労をして

 

『結城友菜は勇者である』につながる訳ですが

 

当初は人に精霊を憑依させることにより

 

圧倒的な力を得ましたが、反動で肉体的ダメージだけでなく

 

精神的なダメージを受けるのは、諸刃の剣と

 

同じこと。そんな仕組みを、形を変えながら後世まで

 

使い続けるしかなかったのは、根本原因の究明が

 

出来なかったからなのでしょう。

 

次々と戦死する勇者たちには大社(のちの大赦)の

 

隠ぺい工作によって、見殺しにされたと

 

思われても致し方が無いことでしょう。

 

 

 

アスキー・メディアワークス

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.19 Sunday
  • -
  • 23:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode