堀川アサコ 『100回泣いても変わらないので恋することにした。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

小さいおじさん シリーズ

 

 

 

 孤独な人にしか見えない小さいおじさん(槇原伝之丞)は

 

アメリカンショートヘアーの猫を保護しようとした市立博物館

 

学芸員の手島沙良のもとに現れたのは、以前と同じ公園のピンチを

 

一緒になって打破する人間を小さいおじさんは、探していたのでは

 

ないかと思いました。

 

前回の主人公は、孤独でなくなったので、小さいおじさんの事が

 

認識できない。よって、新たな人材が必要になったに違いありません。

 

しかし、今回も若い女性をパートナーにしたのは、小さいおじさんの

 

趣味に違いないと踏んでいます。

 

そう、おじさんはうら若き乙女が好きなんでしょう。

 

 

 

 小さいおじさんこと槇原伝之丞が、人間だったこと

 

私財を突き込んで、公園を作ったのは河童の援助も

 

あったらなのですね。

 

しかし、過去の文献では妻や息子から総スカンを

 

喰らったことが残されています。

 

その後、槇原の家は没落しましたが

 

現在から数世代前に復興。

 

現在は、地方の有力者となっています。

 

その息子が殺害されたことを小さいおじさんが

 

知っても、素っ気ない対応は、自分の事を疎かにした

 

怨みなのか。それとも過去の自分に対する言論に対する

 

反発心なのか分かりませんが、都市伝説とミステリーが

 

組み合わさった『100回泣いても変わらないので恋することにした。』

 

は、なかなか面白いです。

 

しかし、母親の愛人を自分の恋人に選ぶ心境は

 

とても理解できませんが。

 

 

 

新潮社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.12.16 Sunday
  • -
  • 05:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode