大塚惇平 『異世界食堂4』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

異世界食堂 シリーズ

 

 

 

 表紙のアレッタが、店主の作ったロースかつ定食を見て

 

満足な顔をしているのは、一種の魔法ではないでしょうか?

 

本を読む前から店主の料理にとても期待してしますよ。

 

これは、一種の魔法ですね。

 

魔族なのに魔法が使えるなんて・・・。

 

 

 

 冒頭のヨミが敵を倒し、『洋食のねこや』がある

 

異世界に飛ばされたのは、日本ではなく

 

中華人民共和国だったのですね。

 

これは、意外ですね。

 

てっきり、『洋食のねこや』がある近辺の海に

 

飛ばされたのだと思っていました。

 

先代の『洋食のねこや』の店主の山方大樹に

 

助けられた縁で『洋食のねこや』が日本で栄え

 

異世界の扉を開くようになったのですね。

 

なんと、SFチックな展開です。

 

しかも、赤き女王が勝手に『洋食のねこや』の裏口に

 

入れないような施しまでしていたとは

 

ヨミは凄い魔術師だったのですね。

 

 

 

 『洋食のねこや』を支えている店が、もう一つありました。

 

食べ放題のパンは『洋食のねこや』で作っているのではなく

 

『ベーカリーキムラ』で作っているものを出していました。

 

大食い揃いの異世界の人たちに、『ベーカリーキムラ』から

 

仕入れたパンが食べ放題なんて、『洋食のねこや』の店主は

 

太っ腹ですね。

 

 

 

主婦の友社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.02.20 Wednesday
  • -
  • 05:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode