桜庭一樹 『GOSICKs供_討ら遠ざかる列車』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

GOSICKs シリーズ

 

 

 

 聖マルグリット学園は夏期休暇になり生徒たちは実家に帰ったり

 

避暑地に行ったりとして閑散とした中、残っている一部の先生と寮母。

 

なんだか聖マルグリット学園が廃校された学校のように

 

思えてしまいます。しかし、聖マルグリット学園に幽閉された身の

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウは依然、退屈しのぎに本を

 

読み漁っていますが、それでも退屈さは解消されません。

 

 

 

 折角、アブリル・ブラッドリーに地中海の避暑地の別荘に

 

誘って貰った九城一弥。避暑地に行くことを了承しておきながら

 

九城一弥の次兄から来た手紙を理由に聖マルグリット学園に

 

残ったのは、ヴィクトリカ・ド・ブロウのことが

 

心配だったからなのでしょう。

 

九城一弥に恋心を持つ、アブリル・ブラッドリーは

 

報われませんね。

 

 

 

 現地に行かず、アブリル・ブラッドリーから来た手紙の内容と

 

新聞からの情報だけで事件の真相を明らかにする

 

ヴィクトリカ・ド・ブロウは流石ですね。

 

しかし、九城一弥までがアブリル・ブラッドリーのことを

 

屁こきいもりというのは、ちょっと可愛そうです。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.09.17 Monday
  • -
  • 00:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
二つの大戦の合間の、つかの間の平和の時代。 美しく、うららかな夏の輝ける日々。 少年と少女は、いくつものささやかな事件を解決する。 そんな久城一弥とヴィクトリカの夏休みを描いた、『GOSICKs〜夏から遠ざかる列車〜』。 夏といっても、日本の蒸し暑い
  • 蒼のほとりで書に溺れ。
  • 2018/05/29 7:32 PM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode