桜庭一樹 『GOSICK ―ゴシック― 掘\弔ら薇の下で』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

GOSICK シリーズ

 

 

 

 

 『GOSICK ―ゴシック― 』でのヴィクトリカは

 

奇怪の方法で事件を解決るのでなく、あくまでも

 

事象のかけらを集めて推理をしていく、コナン・ドリルの

 

小説に登場するシャーロック・ホームズのような

 

スタイルだが、学園内に幽閉されているため

 

学園外で起こった事件は、例外を除いて

 

現場での調査は行わず、九城一弥などが聞き集めてきた

 

情報から事象を再構築して、真実を明らかにする

 

スタイルを取っています。

 

 

 

今回の事件も九城一弥が、姉である瑠璃や

 

セシル先生についでに頼まれた品を買いに

 

訪れたソヴレム(ソヴェール王国の首都?)の

 

ジャンタン(ソヴレムにある大きなデパート)で

 

巻き込まれたカルト教団のような怪しい出来事が

 

発端になり、何故かソヴレムに来たヴィクトリカの異母

 

の兄であるグレヴィール・ド・ブロウ警部と

 

一緒に事件を捜査する羽目に。

 

とんだ災難のように見えますが、九城一弥は

 

老若男女ではなく、年齢を問わず女性にとても頼られる

 

ことが事件に巻き込まれる確率をアップさせているのでしょう。

 

 

 

 怪しい儀式に連れて行かれた少女は、戻ってくると

 

包帯でぐるぐる巻きにされて冷たくなり、話しかけても答えない。

 

若い女性が、一度入ると出てこられないデパート。

 

なんだか現代の都市伝説の様な怪奇事件でした。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/452d0ff558

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
一弥・・・(笑)。 もう、ホントこの子、愛おしすぎる。がっしと頭を抱えて、ぐりぐり撫で回してやりたい・・・! ・・・なんて罪な子! 水無月・R好みのトホホ少年(笑)・久城一弥が、今作『GOSICK ? 〜青い薔薇の下で〜』では風邪を引いたヴィクトリカと
  • 蒼のほとりで書に溺れ。
  • 2018/04/28 10:08 PM

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode