桜庭一樹 『GOSICK ―ゴシック― RED』

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

GOSICK シリーズ

 

 

 『GOSICK ―ゴシック― RED』では、ヴィクトリカ

 

九城一弥、そして九城一弥の姉である武者小路瑠璃が

 

第二次世界大戦後、アメリカに渡っていました。

 

『GOSICKS』シリーズを読んでいないので

 

その辺りの経緯が解らないですが、推理探偵ものとしては

 

1冊ごとに独立した話となっているので、読む分には

 

問題ありませんが、渡米した経緯は知りたいですね。

 

また、グレヴィール・ド・ブロウ警部の消息も

 

わかりません。生きているのかな。

 

 

 

 イタリア系マフィアからマフィアが三人殺された

 

理由がわからないので、調べて欲しいと依頼が来たが

 

ヴィクトリカは依頼を断り、武者小路瑠璃の子供の

 

緑青が誘拐されてしまう。

 

3人のマフィアを殺した犯人はあっさりと判明するが

 

その殺人犯を操っていた黒幕に辿り着くまでが一苦労でした。

 

 

 

 殺人犯を操っていた黒幕の更に黒幕が存在しており

 

素の黒幕は、アメリカ合衆国でも存在を知られている人物であり

 

ヴィクトリカの敵にしては、シャーロック・ホームズに

 

対するジェームズ・モリアーティのような存在ですが

 

実在していた人物が、敵になるのは

 

今後の展開が、読めませね。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/aa3d5f8f63

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • -
  • 00:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
う、うれしいなぁ…! まさか続きが読めると思ってなかったから、すごく、うれしい! 桜庭一樹さん、新シリーズの開始、ありがとう〜! 『GOSHCK RED』、ホントにホントに楽しかった! ツンデレのヴィクトリカ、トホホな一弥がほんのちょっとだけ大人になって再登場
  • 蒼のほとりで書に溺れ。
  • 2017/10/19 9:52 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode