松岡圭祐  『水鏡推理IV アノマリー』

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

水鏡推理 シリーズ

 

 

 

 

 少年院に入れられた少女達が、見た目だけの従順さを

 

示していることを見抜けず、見た目の良さだけで

 

4人を選抜して、登山による交際を歌ったNPO。

 

やっていることは、世間から表向き良い感じに見えるが

 

裏では役人たちの横領行為の温床となっており

 

4人を選抜された少女たちは、犯罪者故に

 

ライバルを潰すためのゴーストスケープにされるような

 

事件は、読んでいて『探偵の探偵』のような

 

奥深くの犯罪行為を見ているようで

 

さわやかさに欠ける『水鏡推理IV』でした。

 

やはりこのような事件には水鏡瑞希よりも

 

紗崎玲奈のほうが、主役を張るのは合っている

 

のでしょう。水鏡瑞希だとパンチ力に欠けていて

 

読んでいてもワクワク感もなく、躁鬱感漂うような

 

感じがしました。

 

 

 

 人工降雨の件も予算(税金)の取り合いで

 

フェイクに満ちた実験をアピールすることにより

 

自分たちの食い扶持を得るのは、腐った官僚そのもの。

 

なんだか霞が関には正義もへったくれもないような

 

虚しさだけが残りました。

 

 

 

講談社

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • -
  • 12:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
・水鏡推理Ⅳ アノマリー ・松岡圭祐 ・講談社文庫  文科省の不正研究調査チームに所属する一般職の公務員・水鏡瑞希が、総合職の官僚たちを巻き込み不正を明らかにしている ...
  • 風竜胆の書評
  • 2017/06/25 2:00 PM
水鏡推理4 アノマリー 作:松岡 圭祐 発行元(出版):講談社 ≪あらすじ≫ 気象庁と民間気象会社の予報の食い違いから、少女集団遭難という前代未聞の悲劇が発生する。天候が急変した山中に少女と共に失踪した官僚は、同僚の水鏡瑞希に謎の書類を預けてい
  • 刹那的虹色世界
  • 2017/06/25 8:08 PM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode