大石英司  『第三次世界大戦3 パールハーバーの奇跡』

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

サイレント・コア シリーズ

 

 

 

 大石英司が描く作品は大抵、現実で起こりそうで

 

起こらないことだが、今回の人民解放軍によるパールハーバー

 

占拠は現実味があります。

 

クリントン元国務長官と習近平国家主席が会談した時に

 

ハワイより西はアメリカが統治し、東側は中国が統治する

 

という談話が流れるほど、現在の中国の領域を広げようと

 

しています。

 

 

 

 そんな折に出版された大石英司著の『第三次世界大戦』に

 

描かれている中国人民解放軍が取る戦略は、とても現実味が

 

あり、読んでいて恐ろしくなります。

 

環境客を装い、豪華客船を使って兵士を一般人に

 

変装させ、上陸してハワイを占領する手口は

 

観光地という特性を活かした戦術です。

 

ハワイにある合衆国の基地をいち早く叩き

 

反撃の手段を与えない、スピード感ある攻撃で

 

合衆国は、地元のレジスタンス活動でしか対抗が

 

出来ず、窮地に追い込まれます。

 

 

 

 一方、西沙を巡る戦いでは、SATO艦隊にほぼ

 

一方的にたたかれまくり、環礁に作った基地を合衆国や

 

SATOに加わった諸国に占領される事態です。

 

一方では勝ち、他方で負ける人民解放軍の次なる手は

 

核攻撃なのでしょうか。

 

 

 

中央公論新社

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode