初野晴 『トワイライト・ミュージアム』

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 両親が事故死して天涯孤独になった少年が

 

とある事件をきっかけにして、叔父に引き取られるという

 

ハッピーな物語かと思える序盤の展開。

 

これだけだとSFの要素は、全くありません。

 

 

 

 叔父と養子縁組をする前に叔父が事故死するのは

 

何だかの陰謀が感じられます。

 

そのあたりは、本書では語られなかったので

 

次作があれば語られるのでしょう。

 

しかし、養子縁組をしていなくとも少年には

 

私的博物館が遺言で譲渡されることになっていました。

 

敵の目を感じた叔父さんが、あらかじめ手配していたのでしょうか。

 

なんだか、秘密結社的なものが背後にいる気がします。

 

 

 

 孤児院に一緒にいた少女が少年に会うために

 

孤児院を飛び出して自動車事故に遭う。

 

これも何だかの陰謀なのでしょうか。

 

しかし、脳死した少女が病院から搬送された先が

 

少年が遺言により譲渡された博物館。

 

博物館に運ばれは少女は、脳死したにも関わらず

 

一定の間隔で祈りをするポーズをとる。

 

なんだか幻想的な描写でしたがここはSF。

 

博物館には一般に公に出来ないような

 

秘密が隠されていました。

 

 

 

 ハルチカシリーズとは大分違うので

 

同じ作者が描いたとは思えないほど作風が違いますね。

 

続きがあれば読んで見たいですね。

 

 

 

講談社

 

 

 

【言及リンク】

http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20090515/124240150

https://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/trackback/286637/58373518

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.12.12 Tuesday
  • -
  • 00:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/05)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/05)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode