映画 『カノン』

JUGEMテーマ:邦画

 

 

 

 宮沢紫(役:ミムラ)が長女で、岸本藍(役:比嘉愛未)が次女。

 

そして、岸本茜(役:佐々木希)が三女。

 

『カノン』という映画は、冒頭では三姉妹の環境を説明しているので

 

誰の視点でストーリーが進んでいるのか、さっぱりわからず。

 

また、三姉妹共に色々な問題を抱えているので

 

三姉妹のそれぞれの視点で映画が描かれているのかと

 

思ったら、岸本藍(役:比嘉愛未)の視点でした。

 

 

 

 モラルハラスメントの旦那を持つ宮沢紫は

 

土鈴のような生活で、子供時代の母親の虐待のせいで

 

全て自分が悪いと思い込む。

 

三女の岸本茜は、祖母の経営していた料亭を引き継ぐが

 

人間会計などに悩み、母親と同じ酒に頼る生活。

 

 

次女の岸本藍は、幼い頃の火事の記憶と母親に対する

 

怨みを今も引きずっている。

 

こんな三姉妹が母親の真実を知って

 

母親呪いを解放するのは感動的でした。

 

 

 

2016年 サーフ・エンターテイメント

 

 

キャスト

 岸本藍・・・・・比嘉愛未

 宮沢紫・・・・・ミムラ

 岸本茜・・・・・佐々木希

 原島美津子・・・・・鈴木保奈美

 岸本辰子・・・・・多岐川裕美

 小出聡・・・・・桐山漣

 宮沢和彦・・・・・長谷川朝晴

 小出妙子・・・・・古村比呂

 新井澄子・・・・・島田陽子

 

 

 

映画『カノン』オフィシャルサイト

 

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 美人3姉妹の共演に美しい音楽と雄大な北陸の風景とは裏腹に、DV、親子の絆という重いテーマを扱った作品。女性脚本家のオリジナル作品だけに、女性の心情は細やかだけど、男性の造形が今一つに感じました。  作品情報 2016年日本映画 監督:雑賀俊朗 出演:比
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2017/04/19 6:54 AM
富山県黒部市に住む小学校教師の次女・藍、東京で暮らす専業主婦の長女・紫、祖母の後を継ぎ金沢の老舗料亭の若女将となった三女・茜の三姉妹は、祖母の遺書を読んで驚く。 死んだと聞かされていた彼女たちの母・美津子は、今も生きているというのだ。 三姉妹は母が入
  • 象のロケット
  • 2017/04/20 9:16 AM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode