映画 『カノン』

JUGEMテーマ:邦画

 

 

 

 宮沢紫(役:ミムラ)が長女で、岸本藍(役:比嘉愛未)が次女。

 

そして、岸本茜(役:佐々木希)が三女。

 

『カノン』という映画は、冒頭では三姉妹の環境を説明しているので

 

誰の視点でストーリーが進んでいるのか、さっぱりわからず。

 

また、三姉妹共に色々な問題を抱えているので

 

三姉妹のそれぞれの視点で映画が描かれているのかと

 

思ったら、岸本藍(役:比嘉愛未)の視点でした。

 

 

 

 モラルハラスメントの旦那を持つ宮沢紫は

 

土鈴のような生活で、子供時代の母親の虐待のせいで

 

全て自分が悪いと思い込む。

 

三女の岸本茜は、祖母の経営していた料亭を引き継ぐが

 

人間会計などに悩み、母親と同じ酒に頼る生活。

 

 

次女の岸本藍は、幼い頃の火事の記憶と母親に対する

 

怨みを今も引きずっている。

 

こんな三姉妹が母親の真実を知って

 

母親呪いを解放するのは感動的でした。

 

 

 

2016年 サーフ・エンターテイメント

 

 

キャスト

 岸本藍・・・・・比嘉愛未

 宮沢紫・・・・・ミムラ

 岸本茜・・・・・佐々木希

 原島美津子・・・・・鈴木保奈美

 岸本辰子・・・・・多岐川裕美

 小出聡・・・・・桐山漣

 宮沢和彦・・・・・長谷川朝晴

 小出妙子・・・・・古村比呂

 新井澄子・・・・・島田陽子

 

 

 

映画『カノン』オフィシャルサイト

 

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.05.27 Saturday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 美人3姉妹の共演に美しい音楽と雄大な北陸の風景とは裏腹に、DV、親子の絆という重いテーマを扱った作品。女性脚本家のオリジナル作品だけに、女性の心情は細やかだけど、男性の造形が今一つに感じました。  作品情報 2016年日本映画 監督:雑賀俊朗 出演:比
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2017/04/19 6:54 AM
富山県黒部市に住む小学校教師の次女・藍、東京で暮らす専業主婦の長女・紫、祖母の後を継ぎ金沢の老舗料亭の若女将となった三女・茜の三姉妹は、祖母の遺書を読んで驚く。 死んだと聞かされていた彼女たちの母・美津子は、今も生きているというのだ。 三姉妹は母が入
  • 象のロケット
  • 2017/04/20 9:16 AM

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ
世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ (JUGEMレビュー »)
トラビス・エルボラフ,アラン・ホースフィールド

recommend

美しい日本の廃墟 いま見たい日本の廃墟たち
美しい日本の廃墟 いま見たい日本の廃墟たち (JUGEMレビュー »)
ヨウスケ,マツモトケイイチロウ,腐肉狼

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode