矢崎存美 『ドクターぶたぶた』

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

ぶたぶたシリーズ

 

 

 

 山崎ぶたぶたが内視鏡を使って手術するシーンと

 

メスを握るぶたぶたは、想像するのは難しいですが

 

思わず思い浮かべてしまうぶたぶたのドクター姿と

 

内視鏡との構図は相性がいい気がします。

 

しかし、山崎ぶたぶたの人柄を知らない人からみると

 

手術担当医が、ぶたの縫ぐるみだなんて

 

とても信用できませんよね。

 

何故、診察医が手術をしてくれないのか!

 

担当を変えてくれ!

 

などの苦情も多々あるのも肯けます。

 

実際に手術を受けた人たちの

 

話を聴かなければ、狐につままれたような

 

感じがするのでしょう。

 

これは病院側の広報の問題ですね。

 

まあ、ぶたぶたはあまり気にしていないのが

 

何よりです。

 

 

 

 他にもぶたぶたが、地方で車を運転して

 

巡回診療をしている話が出てきました。

 

特に過疎化が進んでいる限界集落と云う場所では

 

大きい街に行かなくては、病院はありません。

 

ましては、持病を治療するための薬も

 

無くなれば、生命の危機になる人もいるでしょう。

 

そんな中、ぶたぶたが巡回診療を掏る描写を

 

本の中で描くのは、とても心が温まります。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】

 


スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday
  • -
  • 09:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode