森沢明夫  『夏美のホタル』

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 卒業制作の写真撮影をするために相羽慎吾と夏美は

 

房総半島の山の中をバイクで疾走していたが

 

夏美がトイレに行きたくなって寄った古びた店に

 

寄ったことで、そこにする年寄りたちと交流を

 

深めていく。このときは、ちょっとした地方に

 

生きている人たちと交流していくような

 

話が平たんな道のりのように進んで行くことを

 

想像していました。

 

 

 

 『たけ屋』という古びれた店に住むのは

 

老婆と仕事先の事故で体が不中になった老母の息子だけ。

 

なんともうらぶれた生活をしている中に

 

ホタルのひかりのように飛び込んできた

 

相羽慎吾と夏美により、『たけ屋』の人々は

 

再び人生を謳歌し始めます。

 

これが若人の持つ力なのでしょうね。

 

相羽慎吾と夏美は、夏の間だけ『たけ屋』の離れを

 

普請して住むようになり、川遊びなど

 

地方特有の遊びを教えて貰い

 

そこで得たものを食したりと

 

とても都心では、考えられないような

 

体験と生活をしていきます。

 

都心のストレスから解放されるなんて

 

なんだか、羨ましいですね。

 

このような体験をしてみたくなりました。

 

そして、映画も観て見たくなりました。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.10.18 Wednesday
  • -
  • 22:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode