映画 『残穢 ―住んではいけない部屋−』





JUGEMテーマ:映画館で観た映画

 

 


 
子供が宙を見つめている画面は、とても怖い。
 
ひとりだけでも怖いのに、3人の子供が宙を見つめているのは
 
ホラー的に説得力がある描写だと思う。
 
 
 
 人々の苦しみや憎しみが人を通して、感染していく
 
まさに『リング』で登場したビデオのように
 
関わった人を恐怖に陥れる。
 
事故物件でないのに怪異が起こる部屋を
 
調べていくと過去の事件が浮き彫りにされ
 
さらに調べていくと、また事件に出会う。
 
ここまでは良いのだが、人や物や土地など様々な
 
媒体を通して恐怖をばらまく方法は
 
『リング』で登場したビデオの様な現実味がない。
 
そのあたりが、本映画と『リング』の怖さの違いでしょう。
 
観た後の恐怖の持続差では、『リング』には
 
及ばない。しかし、『神や仏で魔を制す。』や
 
『魔を持って魔を制す。』は、古来日本の伝統的な
 
対抗手段。しかしながら、これだと悪意が世界を
 
塗りつぶしてしまうので、救いのない話になってしまう。
 
最後に対抗手段が垣間見れれば、もっと現実味があったと思う。
 
 
 
2016年 2016「残穢−住んではいけない部屋−」製作委員会
 
 
 
キャスト
 私・・・・・・竹内結子
 久保さん・・・橋本愛
 直人・・・・・滝藤賢一
 平岡芳明・・・佐々木蔵之介
 三澤徹夫・・・坂口健太郎
 田村・・・・・山下容莉枝
 梶川・・・・・渋谷謙人
 山本・・・・・成田凌
 
 
 
映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』公式サイト
 
 
 
【言及リンク】
 http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2016-01-30/trackback


 
 
 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.21 Thursday
  • -
  • 23:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは。
個人的には、対抗手段がない方がリアルかなと思いました。
だから余計に怖さが増すというか。
救いがないと言えばそうですが…
「リング」も対抗手段というよりは、他の人に呪いを移すだけですから、解決はしていませんよね。
そう、『リング』は感染させて、増殖するウイルスのようなもの。『らせん』では、きょうふというものを質量に変換して、連鎖を防ぎました。1作目だけだと救いのない話ですが、続編を含めると対抗策を取れる救いのある話となっています。
「リング」はラブクラフトの暗黒神話に繋がるような特殊な話ですしねえ。相手が霊の場合は坊さんや霊能力者とかでないと対抗できないんじゃないでしょうか? 基本、対抗できない所に怖さがあると思います。
  • ふじき78
  • 2016/02/14 9:51 PM
貞子が登場する新たな映画も作られていますね。まだ、貞子の恐怖は続きますね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
リング再起動? 公式サイト。小野不由美原作、中村義洋監督。竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一。原作者 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/02/04 11:16 PM
監督: 中村義洋 キャスト: 竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之…
  • 映画@見取り八段
  • 2016/02/05 5:01 AM
“穢れ”に、触れたら… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602020000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】残穢 [ 小野不由美 ]価格:637円(税込、送料込)
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2016/02/05 5:55 AM
残穢 -住んではいけない部屋-
  • あーうぃ だにぇっと
  • 2016/02/05 7:04 AM
はい、これ震えます。  
  • Akira's VOICE
  • 2016/02/05 10:15 AM
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれ
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/02/05 12:36 PM
人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人公たちが繰り広げる調査の行方と、やがて明らかとなる驚
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/02/05 1:43 PM
評価:★★★☆【3.5点】(11) 雰囲気は『リング』に迫るものの、今一つインパクト不足。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/02/05 8:50 PM
その穢れに、触れてはいけない。 誰もいない部屋に響く、奇妙な“音”から始まるミステリアスな怪奇譚。 ホラー作家の「私」に女子大生の久保さんから、一通の手紙が届く。 彼女の住むマンションの部屋で、誰もいないのに物音がすると言うのだ。 好奇心にかられた
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2016/02/05 10:06 PM
コレはコレで結構怖い。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2016/02/05 10:37 PM
【出演】  竹内 結子  橋本 愛  滝藤 賢一  佐々木 内蔵助 【ストーリー】 ミステリー小説家である私に、読者の女子大生・久保さんから自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や
  • 西京極 紫の館
  • 2016/02/05 11:31 PM
■ 第28回東京国際映画祭にて鑑賞残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋― 2015年/日本/107分 監督: 中村義洋 出演: 竹内結子/橋本愛/佐々木蔵之介/坂口健太郎/滝藤賢一 公式サイト 公開: 2016年01月30日 小説家の私は、読者投稿を元にしたホラー短編
  • 映画三昧、活字中毒
  • 2016/02/07 12:03 AM
☆・・・予告編からして、恐さが尋常じゃなく思えた。 その恐怖は、驚かしの他に、心に染みる…ジワジワとくるロジック重視が感じられた。 私はホラー映画が苦手である。 でも、この作品が気になった。 一人で見るのは怖いので、甥っ子を誘う。 すると、何故
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
  • 2016/02/07 7:48 AM
とにかく予告編から怖そうで、期待していた『残穢 −住んではいけない部屋−』を観てきました。 ★★★★★ 遂に来た。やっと来た。 怖くて面白い(笑えると言う意味ではない)Jホラー映画を、超久しぶりに観られた。 振り返ってみると、このブログを書き始めてから日
  • そーれりぽーと
  • 2016/02/07 8:14 PM
「残穢―住んではいけない部屋― 」は引っ越した部屋に何かがいるという問い合わせを受けたホラー小説家がその部屋以前の家の事を調べていくとある事件の過去に辿り着いていくスト ...
  • オールマイティにコメンテート
  • 2016/02/11 11:24 PM
五つ星評価で【★★★★この年になって心霊実話テイストで長編映画を見れるなんて思いもしなかった。内部に『呪怨』を取りこもうとしている攻撃的な内容が凄い】 原作未読。 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2016/02/14 9:52 PM
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)竹内結子と橋本愛が出演するというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「Mさんが未だ小学生だった時のこと。九州にあるKさんの家に泊まったことがあった。小さな家だった」と
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/02/22 6:38 AM
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を 「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が映画化。 部屋でする、着物をひきづるような音。それは、はじまりにすぎなかった。 小説家の「私」に、読者である 女子大生の久保さんから届い
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2016/02/23 11:59 AM
 雰囲気は良かったのだけど、怖さが足りないのを気にしたのか、ラストで台無しになってしまいました。いろいろもったいない作品です。感想はネタバレになります。  作品情報 2015年日本映画 監督:中村義洋 出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介 上映時間:107
  • 映画好きパパの鑑賞日記
  • 2016/02/26 6:55 AM
2015年 日本 107分 ホラー/ミステリー 劇場公開(2016/01/30) 監督: 中村義洋 『予告犯』 出演: 竹内結子:「私」 橋本愛:久保さん 坂口健太郎:三澤徹夫 滝藤賢一:直人 佐々木蔵之介:平岡芳明 山下容莉枝:担当編集者・田村さん 成田凌:山本くん 吉
  • 銀幕大帝α
  • 2016/06/11 8:57 PM
【概略】 「自分の部屋から奇妙な音がする」という読者からの手紙を受け取った小説家の女性が、そのマンションに秘められた過去の真相に迫っていく。 ホラー 怪現象が起きるマンション敷地の過去を主人公たちが時を遡ってどんどん追っていくことで、隠された
  • いやいやえん
  • 2016/12/16 3:17 PM
そんなに直接的には怖くない。ほとんど。
  • 或る日の出来事
  • 2017/05/01 8:59 PM

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode