夏海公司 『ガーリー・エアフォース』

JUGEMテーマ:読書感想文
 

 

  ガーリー・エアフォースシリーズ

 

中華人民共和国の新疆ウイグル自治区に現れた未確認飛行物体が

 

 突然、エアーショウに参加していた航空機に攻撃を始めた所から

 

 始まるストーリーでは、敵(ザイと本書では読んでいる)が何者なのか。

 

 また、突然攻撃してきた意図が何なのか。

 

 全く分からない尽くしで終わってしまったストーリーには

 

 驚きを隠せません。

 

 

 

 しかし、そのままストーリーが終焉を迎えたのは、当初から続きを

 

 書くつもりで本書を書いたのでしょう。

 

 ちょっとミステリチックなSFミリタリーもの。

 

 そして、電撃文庫ならではの萌えの要素も含まれた『ガーリーエアフォース』。

 

 戦闘機を操るのは、剤の破片からコアを造られたアニマという

 

 外見が美少女の姿をしたアンドロイドのようなものというところが

 

 発想として面白いです。

 

 

 

  最初に登場するアニマ(アニマが操縦する航空機は、ドーターと呼ぶ)は

 

 自衛隊所属なのにスエーデン製のSaab JAS39 Gripenを

 

 基にして製作されたJAS39−ANM Gripen。

 

 何故なんでしょう?

 

 

 

アスキー・メディアワークス

 

 

 

【言及リンク】

 

 



スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • -
  • 12:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
著者:夏海公司 ガーリー・エアフォース (電撃文庫)(2014/09/10)夏海公司商品詳細を見る 2015年6月。中国に突如として現れた謎の飛翔体・ザイ。その圧倒的な戦力の前に、人類は危機に陥った。そのザイによってパイロットであった母を失った少年・慧は、中国
  • 新・たこの感想文
  • 2015/11/20 2:56 AM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode