山本祟一郎 『からかい上手の高木さん 13巻』

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

からかい上手の高木さん シリーズ

 

 

 

 冒頭の『気配』は、一切セリフが入っていません。

 

これは、漫画ならではの面白さですね。

 

これをアニメーションにしてしまうと

 

声優は、かなり困るでしょうね。

 

だって、セリフなしのアニメーションの

 

演技が1話も続くのは、とても大変ですよ。

 

 

 

 『願掛け』では道路に足を付けずに神社に向かう

 

西片を高木さんは発見してしまいました。

 

何かに触っていれば道路も歩けると知った

 

高木さんは面白いことを発案。

 

神社で工事が行われていると思い込んでいた

 

西片は工事が終わってしまったので

 

通行禁止の看板が使えない。

 

そこで高木さんは、自転車を貸すのは拒否して

 

「手なら貸してあげるよ。」

 

と提案。

 

流石は小悪魔の高木さん。

 

西片を追い込んで、手を繋ぎたかったのですね。

 

神社に高木さんに勝てることを願掛けしたかったのに

 

高木さんの手を借りては、元も子もありません。

 

 

 

 『からかい上手の高木さん 13巻』での

 

『からかい上手の元高木さん』とのコラボレーションは

 

娘のチーが気になる相手にチーが嫌いな

 

ピーマンを食べて貰ったこと。

 

友人がチーのことを好きだから

 

嫌いなピーマンを食べてくれたと言っても

 

信じません。このあたりは、父親似なのでしょう。

 

 

 

小学館

 

 


稲葉光史 『からかい上手の元高木さん 8巻』

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

からかい上手の元高木さん シリーズ

 

 

 

 魔法少女に変身するシーンに感動して、自ら変身を

 

真似てみる、ちー。

 

父親の西片に対して、魔法を使ってカエルにしてしまうのは

 

意地悪ばあさんの真似でしょうか。

 

 

 

 転んだ、ちーの手当をしていた元高木さんは

 

 

中学時代に保健室で西片の手当てをしたことを

 

思い出だします。

 

そのコマの後の元高木さんが女医になっているのは

 

今後の展開で何かあるのでしょうか。

 

気になります。

 

 

 娘が扇風機に指を入れないように

 

策を講じるに西片パパ。

 

いい考えは浮かびません。

 

母親の元高木さんは

 

鉄板芸の

 

「ワレワレハ、ウチュウジンダ。」で

 

娘の気を少しの間、引くが直ぐに

 

飽きてしまい失敗。

 

扇風機から漂ってくる元高木さんの匂いを

 

クンクン嗅いでいたことを知った

 

元高木さんは扇風機の風を強にして

 

西片パパが新聞を読めないように悪戯を。

 

それを見ていたちーも真似をしました。

 

これって、教育上どうなの?

 

娘のちーは、嫌がらせ娘になってしまうのでは?

 

様々な思いが巡り、本巻を読み終えました。

 

 

 

原作 山本祟一郎

講談社

 


いきのこれ! 社畜ちゃん 5巻

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

 

社畜ちゃん シリーズ

 

 

 

 社畜ちゃんこと佐倉桜花をのせる言葉。

 

「あ、やっぱりできなんだ。」

 

相手の自尊心を打ち砕き、闘志を燃やさせる話術。

 

これはどこかで聞いた言葉ですね。

 

ブラック企業もカルトやマルチ商法も同じ様な手口を

 

使っているのですね。

 

 

 

 ブランクソフトウェアの社内でボーナスが

 

出るという噂で持ち切りだが、今年の平均支給額82万円と

 

いう話は、社員のモチベーションを下げないようにと

 

経営陣が流した偽の情報でしょうか。

 

上司は、その噂が本当でないことを知っているのは

 

とても怪しいです。

 

 

 

 先輩さんに賞与の噂を教えて貰った佐倉桜花は

 

フリーズしてしまいました。

 

後輩ちゃんこと小鳥遊ひよりは、『賞与』という

 

言葉の意味が解りません。

 

流石はブラック企業。

 

社員に対する隠ぺい教育もバッチリです。

 

 

 

 同期ちゃんこと百瀬桃華はリーダだから

 

ヒラの佐倉桜花よりも多く貰えると思っていますが

 

ブランクソフトウェアはIT企業。

 

普通ならば、売り上げに多く貢献した人が

 

貰う額も多いはずです。

 

でも、ブラック企業は・・・。

 

バイトちゃんこと鷺沼いのりは当然、賞与なし。

 

でも社員も賞与がありません。

 

平均支給額82万円は、やはり嘘でした。

 

寸志だったとは、一体稼いだお金は

 

どこに消えたのでしょう。

 

法を破っているので取り締まる側に賄賂を贈った?

 

やはり、社畜に払うよりも経営陣の懐へ全て入った?

 

これぞ、ブラック企業の実体なのですね。

 

 

 

原作 ビタワン

作画 涌井想太

キャラクターデザイン 結うき。

アスキーメディアワークス

 

 

 


なもり 『大室家 3巻』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

 

 

 

大室家 シリーズ

 

 

 

 表紙をめくると『7MRニース』が載っており

 

大室家』も富山県が舞台だということが

 

載っていますね。

 

『ゆるゆり』と同様に舞台を意識していませんでしたが

 

「ここはくらげしか見ない。

 

 なにかの間違いではないか。」

 

には大笑いです。

 

本の本体に笑いが隠されているのは

 

ちょっと変わっていますね。

 

 

 

 マイペースの櫻子はテレビで節電の話を見て

 

自宅の冷房を消し、リビングで水着姿になって

 

くつろいでいるところを姉の撫子と妹の花子に見つかり

 

帰って暑苦しいと馬鹿にされます。

 

ここは『心頭滅却すれば火もまた涼し』で

 

あって、あえて涼しい姿になることによって

 

暑さを実感してしまうのは、誤った方法ですね。

 

風鈴を吊るしたり、打ち水をして涼を

 

得るのが正しい節電方法ですよ。

 

まあ、水着姿で古谷向日葵の家に行こうとする

 

女子力が低い大室櫻子には、そこまで考えが

 

浮かばなかったのでしょう。

 

 

 

 花子の同級生の高崎みさきは花子をライバルだと

 

思っており、櫻子は古谷向日葵をライバルだと思っている。

 

しかし、花子に対して高崎みさきは勝負的には

 

互角ですが、櫻子は古谷向日葵に完敗。

 

心の中か妄想でしか古谷向日葵に勝てないのは

 

公然の秘密なのでしょう。

 

 

 

 

一迅社より出版

 

 

 

【言及リンク】

 

 


なもり 『ゆりゆり 2巻』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

ゆりゆり シリーズ

 

 

 

 これまた久しぶりに読んだ『ゆりゆりシリーズ』。

 

大分久しぶりなので前作のことは、殆ど覚えていません。

 

でも、基本的には短編読み切り漫画のスタイルなので

 

ゆりゆり 2巻』から読み始めても大丈夫でしょう。

 

 

 

 前作『ゆりゆり』は2012年7月発売なので

 

2巻目が発売されるまで、7年も月日が経っています。

 

よって、登場人物には馴染みがありません。

 

以前、同人誌で書いたものを1冊にまとめたもの

 

だと、あとがきに書いてありました。

 

『ゆりゆり』は『ゆるゆり』のようなコミカルな

 

テンポはないけれど、『百合』というテーマでは

 

同じですね。

 

 

 

 先輩と目が合って

 

「どうしていつも、こっちと見てるんですかー?

 

 目が合ってキモイんですけど。」

 

と先輩のあゆみに挑発的な態度をとる

 

美咲は、あゆみが好きな女の子。

 

しかし、同性の美咲から「キモイ」と

 

言われれば余計に気を使ってしまいます。

 

しかし、「目が合ってキモイ」と言われたことで

 

美咲もあゆみを気にしていたことに気づき

 

百合の世界に突入!

 

なんてことにはなりません。

 

やはり、美咲にとって先輩のあゆみは

 

キモイ存在でしかないのだから。

 

 

 

 『あゆみと美咲の場合』のようなストーリーもあれば

 

『夏樹と梨花の場合』のように片方の妄想の

 

世界に入り込んだ百合のストーリーもあります。

 

こんなに百合ノストーリーばかりだと

 

『あなたの知らない百合の世界』もあるかも

 

知れませんね。

 

 

 

なもり先生

一迅社

 

 

 

【言及】

 

 

 


なもり 『ゆるゆり 17巻』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

ゆるゆり シリーズ

 

 

 

 

 久しぶりに読んだ『ゆるゆりシリーズ』。

 

なんだか懐かしさが、こみ上げてきます。

 

ゆるゆりは、もう17巻目ですね。

 

赤座あかねが主人公だと思って読んでいた

 

1巻目から、もう10年。

 

月日が経つのが早いですね。

 

 

 

 たけのこ派ときのこ派に分かれるごらく部と

 

生徒会の面々。

 

たけのこときのこと言えば、某菓子メーカーが

 

行った決戦のことですね、

 

たけのこ派は

 

歳納京子、吉川ちなつ、古谷向日葵、杉浦綾乃。

 

きのこ派は

 

船見結衣、大室櫻子、池田千歳、池田千鶴。

 

これは良い勝負ですね。

 

七森中学校の先生たちも

 

まっふたつに別れました。

 

爆発魔の西学先生と体育の南野先生はきのこ派で

 

美術の東先生と家庭科教師の北宮先生は、たけのこ派。

 

この勝負は、きりがありませんね。

 

 

 

 ネットゲームに嵌っている船見結衣の

 

ネットでの友達は、大室櫻子の姉。

 

大室撫子だったとは、世間は狭いですね。

 

船見結衣はマッチョなジョセイキャラクターで

 

大室撫子は可愛らしい少女のキャラクター。

 

なんだか、想像していたキャラクターと

 

ギャップがあります。

 

 

 

一迅社

 

 

 

【言及】

 

 

 

 


高橋しん 『花と奥たん 第5集』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

 

 

 

花と奥たん シリーズ

 

 

 

 農家のエロオヤジはいつの間にか

 

自宅で倒れていて救急車を呼びたいけど

 

大雪の中、うるわしが丘西にまで来れない状態。

 

そこで、エロおやじのスマートフォンに

 

登録されていた人妻好きの学者に頼んで

 

ヘリコプターを要請。

 

その間に鶏を絞めて料理を作り

 

なんとか農家のエロオヤジの寿命を

 

持ちこたえさせました。

 

ここまでくると奥たんは、ただの農家の娘では

 

ありませんね。

 

 

 奥たんの家では異変が起き始める。

 

1匹、また1匹と倒れていきPたんも

 

奥たんも倒れちゃいました。

 

これって、最悪の結末ですよね。

 

夢に中で旦那が帰宅したことを見た

 

奥たんは微笑んでいました。

 

しかし、奇跡は起きました。

 

通常、冬眠をしない犬やうさぎは

 

冬眠していたみたい。

 

そして奥たんは冬眠。

 

なんと、人とも冬眠するとは驚きです。

 

冬眠から目覚めると春になっていました。

 

Pたんが東京の方を見て

 

「花が・・・」と言っていたので

 

花が枯れたのかもしれません。

 

最終的に旦那が帰宅したかどうかは

 

分かりませんが、うるわしが丘西での

 

奥たんの生活は、まだ続きそうです。

 

 

 

 初回から完結まで10年。

 

料理のレシピや取材の写真などが

 

載っているコミックは、珍しいですね。

 

偶然の出会いにより『花と奥たん』という作品を

 

楽しむことができました。

 

 

 

小学館

 

 

 

【言及リンク】

 

 


| 1/14PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode