映画 『ドリームキャッチャー』

 

 

 

JUGEMテーマ:洋画

 

 

 

 

 SF的なアドベンチャー作品だと思っていたら

 

スティーブン・キング原作のホラー作品でした。

 

赤い痣ができる人間や野生動物。

 

森を封鎖する軍隊。

 

ちょっと怖いですね。

 

でも、封鎖しただけで宇宙人からの侵攻は

 

防げるのでしょうか。

 

軍が採る作戦は甚だ疑問ですが

 

技術力の差でこれ以上対処ができないと

 

いったところでしょうか。

 

 

 

 エイリアンに物理攻撃や火は有効。

 

これなら勝てそうな気がしますが

 

ドリームキャッチャーはダディッツという

 

少年が過去に引き寄せた人々が

 

協力し合って未来で敵を討つ作戦は

 

功を奏しました。

 

 

 

2003年 アメリカ合衆国

 

 

 

キャスト

 ヘンリー ・・・・・・・・・・・・・トーマス・ジェーン

 ジョーンジー ・・・・・・・・・・・ダミアン・ルイス

 ビーヴァー・・・・・・・・・・・・・ジェイソン・リー

 ピート・・・・・・・・・・・・・・・ティモシー・オリファント

 ダディッツ・・・・・・・・・・・・・ドニー・ウォールバーグ

 アブラハム・カーティス大佐・・・・・モーガン・フリーマン

 オーウェン・アンダーヒル指揮官・・・トム・サイズモア

 バリー・ネイマン・・・・・・・・・・C・アーネスト・ハース

 


映画 『スマホを落としただけなのに』

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

 

 

 

 

 付き合っている富田誠がスマートフォンを落としたことが

 

切欠で犯罪者に狙われる稲葉麻美。

 

富田誠はスマートフォンにロックをしていなかったのでしょうか。

 

それとも犯罪者がスマートフォンのロックを解除する

 

技術を持っていたからなのでしょうか。

 

後から見た映像では、スマートフォンからの

 

情報を引き出して女性を狙う犯罪者にしか見えません。

 

後に山間部から5人に女性の遺体が発見されました。

 

恐ろしいですね。

 

 

 

 犯人は被害者の擬似音声を作るなど

 

かなり凝ったことを行う犯罪者ですね。

 

そして、ミイラ取りがミイラになったのですね。

 

 

本当の犯罪者は正業を隠れ蓑にして

 

犯罪を行っていたなんて、恐ろしいです。

 

 

 

2018年 映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

 

 

キャスト

 稲葉麻美・・・北川景子

 加賀谷学・・・千葉雄大

 浦野善治・・・成田凌

 富田誠・・・・田中圭

 毒島徹・・・・原田泰造

 小柳守・・・・バカリズム

 武井雄哉・・・要潤

 杉本加奈子・・高橋メアリージュン

 大野俊也・・・酒井健太

 天城千尋・・・筧美和子

 宮本まゆ・・・松山愛里

 池上聡子・・・岩井堂聖子

 山本美奈代・・・・桜井ユキ

 

 

 

映画『スマホを落としただけなのに』公式サイト

 


映画 『アトランティスのこころ』

 

 

 

JUGEMテーマ:洋画

 

 

 

 

 ボビー・ガーフィールドが住んでいる家の2階に

 

引っ越してきたテッド・プローディガン。

 

なんだか遠くのことを見通せるような

 

能力がありみたいだが、周りの人たちには隠している。

 

そのテッド・プローディガンに触れたことにより

 

ボビー・ガーフィールドにも能力が備わった。

 

もしかして、人の考えていることが読めるのか。

 

これはすごい能力です。

 

政府関係者がテッド・プローディガンの力を何かに

 

利用しようとするのは明らかですね。

 

恐怖はなかったけど、不思議なことだらけの映画でした。

 

 

 

2001年 アメリカ

 

 

 

キャスト

 テッド・プローディガン・・・・・・・・・アンソニー・ホプキンス

 ボビー・ガーフィールド(大人時代)・・・デヴィッド・モース

 ボビー・ガーフィールド(少年時代)・・・アントン・イェルチン

 キャロル・ガーバー・・・・・・・・・・・ミカ・ブーレム

 リズ・ガーフィールド・・・・・・・・・・ホープ・デイヴィス

 サリー・ジョン・・・・・・・・・・・・・ウィル・ロスハー

 ガーバー夫人・・・・・・・・・・・・・・ディアドラ・オコンネル

 ハリー・ドゥーリン・・・・・・・・・・・ティモシー・ライフスナイダー

 モンテマン・・・・・・・・・・・・・・・アラン・テュディック

 レン・ファイル・・・・・・・・・・・・・トム・バウアー

 アラナ・ファイル・・・・・・・・・・・・セリア・ウェストン

 ドン・ビダーマン・・・・・・・・・・・・アダム・ルフェーブル

 


映画 『旅猫レポート』

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

 

 

 

 

 

 飼い猫のナナを手放すことになった宮脇悟は

 

車にナナを乗せて澤田幸介の家に向かう。

 

澤田幸介の奥さんは実家に帰っており

 

ハチとの一件もあるのでナナを引き渡すことを

 

諦めました。これはナナにとって良かったことでしょう。

 

 

 

 次に向かったのは杉修介杉千佳子夫婦の家。

 

家には一匹の虎丸という名の犬と

 

モモという名の猫が居る。

 

虎丸はモモが居るのに他の猫を見ると

 

吠えまくるのは、猫が嫌いだからでしょうか。

 

それともモモに気を使っているのでしょうか。

 

虎丸は杉修介に忠義があり

 

宮脇悟に杉千佳子が取れれないように

 

警戒していたのね。

 

 

 

 その次に向かったのは、両親の墓。

 

ナナを手放すことを諦め、叔母である香島法子

 

自宅に連れて行くことにする。

 

香島法子が引っ越すのは宮脇悟と暮らすため。

 

病気の為、余命わずかな宮脇悟

 

香島法子が猫ことを苦手にしているから

 

ナナを誰かに譲ろうとしたのね。

 

 

 

 宮脇悟に会うために香島法子の元を去るナナ。

 

元ノラとはいえ、外の生活はきついはず。

 

でも、最終的にに香島法子の元で暮らして

 

居るのは、嬉しいかな。

 

 

 

2018年 映画「旅猫リポート」製作委員会

 

 

 

キャスト

 宮脇悟・・・・・・・・・・福士蒼汰

 宮脇悟(子供時代)・・・・田口翔大

 澤田幸介・・・・・・・・・山本涼介

 澤田幸介(子供時代)・・・二宮慶多

 杉修介・・・・・・・・・・大野拓朗

 杉千佳子・・・・・・・・・広瀬アリス

 吉峯大吾・・・・・・・・・前野朋哉

 香島法子・・・・・・・・・竹内結子

 宮脇和子・・・・・・・・・木村多江

 澤田慶介・・・・・・・・・田中壮太郎

 ナナ・・・・・・・・・・・高畑充希

 虎丸・・・・・・・・・・・前野朋哉

 モモ・・・・・・・・・・・沢城みゆき

 

 

 

映画『旅猫リポート』公式サイト

 

 


映画 『未来のミライ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

 

 

 

 

 

妹が生まれ、母親は赤ちゃんの面倒で

 

一杯一杯なので相手にされなくなった

 

くんちゃんは、赤ちゃんに敵対心を抱く。

 

外に出ると謎の男に話しかけられ

 

くんちゃんは自分の心境に気付く。

 

くんちゃんが投げたボールを拾ってくる

 

ことから、謎の男の正体は犬ですね。

 

 

 

 お雛様が仕舞われないことを気にして

 

未来から遣って来たミライちゃん。

 

くんちゃんに雛人形をしまうように

 

頼むがくんちゃんは、拒否する。

 

ミライちゃんにツンツン脇腹を突かれて

 

ようやく云うことを聞くとは

 

くんちゃん将来は、ドMになるのでしょうね。

 

 

 

 くんちゃんの片づけられないのは

 

母親から受け継いだのですね。

 

過去や未来を行き来してくんちゃんは

 

色々学びました。

 

 

 

2018年 スタジオ地図

 

 

 

キャスト

 くんちゃん・・・・・・・・・上白石萌歌

 ミライちゃん(幼少期)・・・本渡楓

 ミライちゃん・・・・・・・・黒木華

 おとうさん・・・・・・・・・星野源

 おかあさん・・・・・・・・・麻生久美子

 ゆっこ・・・・・・・・・・・吉原光夫

 謎の男・・・・・・・・・・・吉原光夫

 ばあば・・・・・・・・・・・宮崎美子

 じいじ・・・・・・・・・・・役所広司

 

 

 

「未来のミライ」公式サイト

 

 

 

【言及リンク】

 

 


映画 『アナと雪の女王2(吹き替え版)』

 

 

 

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

 

 

 

 

 映画館内は老若男女で溢れていました。

 

前作と同様に幅広い層の人たちに鑑賞されている

 

アナと雪の女王2』。

 

遂にエルサの魔法の秘密が明らかになると

 

知ってワクワクしながら映画を鑑賞しました。

 

 

 

 ここでひとつ、わからなかったことがあります。

 

エルサとアナと母親は、何故エルサに

 

呼びかけたのか。

 

アナには魔法が使えないからでしょうか。

 

 

 

 エルサがピンチに陥ったときにアナの冒険が始まります。

 

クリフとは離れてしまい、オラフは途中で冒険を離脱。

 

かなりの困難だったでしょうが、前作に比べ

 

アナは成長しましたね。

 

 

 

2019年 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

      ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

 

 

 

キャスト

 エルサ・・・・・・・・・・・・・松たか子

 幼いエルサ・・・・・・・・・・・黒川聖菜

 幼いエルサ・・・・・・・・・・・佐々木りお

 アナ・・・・・・・・・・・・・・神田沙也加

 幼いアナ・・・・・・・・・・・・新津ちせ

 幼いアナ・・・・・・・・・・・・稲葉菜月

 クリストフ・・・・・・・・・・・原慎一郎

 オラフ・・・・・・・・・・・・・武内駿輔

 デスティン・マティアス中尉・・・松田賢二

 イドゥナ王妃・・・・・・・・・・吉田羊

 アグナル国王・・・・・・・・・・前田一世

 イエレナ・・・・・・・・・・・・余貴美子

 ライダー・・・・・・・・・・・・小林親弘

 ハニーマレン・・・・・・・・・・壹岐紹未

 ルナード国王・・・・・・・・・・吉見一豊

 パビー・・・・・・・・・・・・・安崎求

 ノーサルドラのリーダー・・・・・飯島肇

 ハンス・・・・・・・・・・・・・津田英佑

 ウェーゼルトン公爵・・・・・・・多田野曜平

 

 

 

アナと雪の女王2 ディズニー公式サイト

 

 

 

【言及リンク】

 

 


映画 『屍人荘の殺人』

 

 

 

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

 

 

 

 

 てっきり、明智恭介と剣崎比留子の推理比べが

 

繰り広げられると思っていたのですが

 

ロックフェス研究会の合宿で起こった事件により

 

明智恭介は離脱してしまったので

 

ちょっと思っていたのとは違っていました。

 

しかし、剣崎比留子の推理は、とても面白く

 

楽しめました。

 

 

 

 次々と起こる殺人事件の犯人は、剣崎比留子の

 

推理などで明らかになりましたが、ロックフェスでの

 

ゾンビ化事件は迷宮化でしょうか。

 

もしかして・・・。

 

最後のシーンを見る限り、私が思ったことが

 

正しかったのかもしれません。

 

やはり、お金持ちの考えることは

 

なりふり構わず、恐ろしいものだと

 

実感しました。

 

 

 

2019年 東宝映画

      ドラゴンフライエンタテインメント

 

 

 

キャスト

 葉村譲・・・・・神木隆之介

 剣崎比留子・・・浜辺美波

 進藤歩・・・・・葉山奨之

 重本充・・・・・矢本悠馬

 名張純江・・・・佐久間由衣

 静原美冬・・・・山田杏奈

 下松孝子・・・・大関れいか

 星川麗花・・・・福本莉子

 出目飛雄・・・・塚地武雅

 高木凛・・・・・ふせえり

 菅野唯人・・・・池田鉄洋

 立浪波流也・・・古川雄輝

 七宮兼光・・・・柄本時生

 明智恭介・・・・中村倫也

 

 

 

映画『屍人荘の殺人』公式サイト

 

 

 

【言及リンク】

 

 


| 1/43PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / ninetailedsquid

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode