夏見正隆 『スクランブル 決戦!日本海上空 下』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

 

スクランブル シリーズ

 

 

 

 文庫本で七百ページ以上あると、本を持つのも重いし

 

かなり、読みごたえがあり、読むのにも時間がかかります。

 

『スクランブル 決戦!日本海上空』の上下巻を更に

 

分割して四冊にしても良かったのでは。

 

特に移動中に本を読む人にとっては、持ちにくい

 

厚さの本書のサイズです。そのあたりも工夫して

 

貰えると嬉しいですね。

 

 

 

 『亜細亜のあけぼの』に撃墜されたF−22 ラプターに搭乗していた

 

ルテナン・ガブリエル・エリスは、リベンジをするべく訓練空域までの

 

飛行中にF15Jに搭乗した風谷修に仕掛けてくるが

 

鏡黒羽よりも破天荒な性格をしています。

 

同じ軍隊のパイロットに仕掛けてくるだけでなく

 

民間機にまで、仕掛けてくるのは、かなりやり過ぎ感が

 

あります、それを許すアメリカ空軍の体質も疑ってしまいます。

 

こんな状況下で編隊長の漆沢美沙生は腹痛を堪えての

 

任務では、いざと云う時に役に立てないのではと

 

思います。この時点で、ベストコンデションの他の

 

パイロットに任務を交代させるべきです。

 

パイロットの命も大切だし、高価な機体も大切なのだから

 

任務にあたっての人員選出には、気を配るべきです。

 

 

 

徳間書店

 

 

 

【言及リンク】

 

 


堀川アサコ 『100回泣いても変わらないので恋することにした。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

小さいおじさん シリーズ

 

 

 

 孤独な人にしか見えない小さいおじさん(槇原伝之丞)は

 

アメリカンショートヘアーの猫を保護しようとした市立博物館

 

学芸員の手島沙良のもとに現れたのは、以前と同じ公園のピンチを

 

一緒になって打破する人間を小さいおじさんは、探していたのでは

 

ないかと思いました。

 

前回の主人公は、孤独でなくなったので、小さいおじさんの事が

 

認識できない。よって、新たな人材が必要になったに違いありません。

 

しかし、今回も若い女性をパートナーにしたのは、小さいおじさんの

 

趣味に違いないと踏んでいます。

 

そう、おじさんはうら若き乙女が好きなんでしょう。

 

 

 

 小さいおじさんこと槇原伝之丞が、人間だったこと

 

私財を突き込んで、公園を作ったのは河童の援助も

 

あったらなのですね。

 

しかし、過去の文献では妻や息子から総スカンを

 

喰らったことが残されています。

 

その後、槇原の家は没落しましたが

 

現在から数世代前に復興。

 

現在は、地方の有力者となっています。

 

その息子が殺害されたことを小さいおじさんが

 

知っても、素っ気ない対応は、自分の事を疎かにした

 

怨みなのか。それとも過去の自分に対する言論に対する

 

反発心なのか分かりませんが、都市伝説とミステリーが

 

組み合わさった『100回泣いても変わらないので恋することにした。』

 

は、なかなか面白いです。

 

しかし、母親の愛人を自分の恋人に選ぶ心境は

 

とても理解できませんが。

 

 

 

新潮社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


相沢沙呼 『マツリカ・マトリョシカ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

マツリカ シリーズ

 

 

 

 『マトリョシカ』とは、ロシアの工芸品で、中にいくつもの

 

人形が入っているもの。その『マトリョシカ』を『マツリカシリーズ』の

 

題名に付けるのは、何の意味があるのか。

 

本書を一度だけ読んでも、分かりませんでした。

 

『マツリカ』さんのとの相性は、良さそうだけど

 

魔法の響きをもつ言葉だから採用されたのでしょうか。

 

 

 

 今回、哀れな柴犬こと柴山祐希がマツリカさんから

 

指令を受けたのは、女子テニス部の部室の天井にある

 

『顔の染み女』を定期的に写真におさめること。

 

なんだか、マツリカさんらしいドSなミッションですね。

 

ただでさえ女子テニス部の部室の側をうろついていただけで

 

変態扱いされるというのに、部室の天井にある『顔の染み女』を

 

定期的に写真を撮れというのだから、恐ろしい。

 

しかし、このミッションで哀れな柴犬は、女子テニス部の

 

醜い女の争いを浮き彫りにするとは、この時点では

 

思いもしなかったでしょう。

 

本筋ではない『顔の染み女』の真相は、明らかになりませんが

 

『顔の染み女』よりも、ミステリーな密室事件を2つも

 

体験した上に危うく犯人にされそうになった

 

哀れな柴犬を学校にやってきて、助ける廃墟の魔女は

 

今までの話よりもマツリカサンをより神秘的に

 

演出できたと思います。

 

 

 いつも怪しいエロティックなマツリカサンを見た

 

美女のJKが息を飲む姿が、思い浮かぶのは

 

マツリカさんが魔女だからなのでしょうか?

 

 

 

角川書店

 

 

 

【言及リンク】

 

 


矢崎存美 『海の家のぶたぶた』

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

ぶたぶた シリーズ

 

 

 

 母親に内緒でアルバイトをしたい榎本扶美乃は

 

人見知りを克服したいために接客業を行うと同時に

 

家以外にも居場所を作りたいと思っていた。

 

しかし何故、母親は娘がアルバイトをすることに対して

 

反対するのだろう。

 

なんか、裏があるような気がしますが。

 

 

 

 ファーストフードで仕入れてきた情報で

 

『海の家うみねこ』でアルバイトを募集していることを

 

知って、早速『うみねこ』へ行くが、未成年は両親の承諾が

 

ないとアルバイトが出来ないと、『海の家うみねこ』の

 

店長の山崎ぶたぶたに、断られてしまう。

 

黒ビーズの点目、突き出た鼻、そっくり返った大きな耳。

 

そんな特徴の桜色したぶたのぬいぐりみが、店長というほうが

 

アルバイトを断られたよりも衝撃的だったのでは。

 

 

 

 ぶたぶたが復活させる以前の『海の家うみねこ』で

 

アルバイトをしていた榎本扶美乃の母親。

 

そこに来た客に絡まれたことが、トラウマになっていたので

 

娘のアルバイトに反対だったのね。

 

しかし、現在の夫に助けて貰ったのは良い思い出なのでは?

 

なんだか複雑な心境ですね。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


ガーリーエアフォース8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

ガーリーエアフォース シリーズ

 

 

 

 JAS39D−ASMグリペンをこれ以上不幸なループを

 

させないため、ザイと戦わず未来人たちにも

 

つけを払わせるために、人類滅亡の道を選択する

 

鳴谷慧の行動に対して、ラファールや

 

RF−4EJ−ANMファントムだけでなく

 

イーグルまでが怒り心頭するなんて

 

とても信じられません。

 

幾ら記憶を操作されていたとしても、F−15J−ANM

 

イーグルに対する人類の非道な仕打ちには賛同できません。

 

 

 

 剤の襲撃により基地ごと消え去ったヨーロッパのアニマ。

 

EF―2000−ANMタイフーンは、戦闘に参加も出来ず

 

幻のANMになってしまいました。

 

高度100kmから攻撃する新たなザイの出現に

 

独飛も成すすべがない。

 

THAADでしか、防衛ができないだって?

 

とんでもない怪物ですね。

 

 

 

 鳴谷慧が沖縄の基地で出会った少女は、宋明華に

 

容姿はそっくりだけど、雰囲気が違う。

 

しかも、筆談しかできない。

 

これはザイのスパイなの?

 

後日談で、F−2A−ANMバイパーゼロであることが判明。

 

F−2A−ANMバイパーゼロは、相手によって

 

見え方が違う何だか不思議な性質を持つアニマでした。

 

これって戦闘機ではなく、偵察機やスティルス機の

 

特性ですよね。

 

 

 

KADOKAWA

 

 

 

【言及リンク】

 

 


| 1/132PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode