蒼月海里 『幻想古書堂で珈琲を 招かれざる客人』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

幻想古書堂で珈琲を シリーズ

 

 

 

 

 『とまり木』に来る変わり者は、コバルトだけでなく

 

魔神アマデウスやグレモリー侯爵夫人も

 

同様に変わりものです。魔神アマデウスは『とまり木』

 

に来る前に名取司にちょっかいをだしたり、色々困った

 

魔人です。そして、グレモリー侯爵夫人は駱駝に乗って

 

やってきました。アラブのお金持ちみたいですが

 

れっきとした魔神です。街中を歩く時の衣」装を変化させたりと

 

魔力があることを伺えますが、スイーツには目が無いようです。

 

ショートケーキを見たら、とても気に入ってしまい

 

円の通貨を持っていないことに気づき

 

ガッカリしてしまうところは、グレモリー侯爵夫人も

 

人間の女性と変わらないのですね。

 

 

 

 最初の人間の客は、オーヘンリー著の『賢者の贈り物』を

 

地で行くような話でした。付き合っている男性と最近忙しくて

 

敢え無いようなことから、浮気を疑い。

 

相手も男性も同じように浮気を疑っていたが

 

調査すると『賢者の贈り物』と同じ様な事でした。

 

ちょっと拍子抜けするような感じですね。

 

まあ、最初の依頼者だから、あまり重くない事が

 

最適なのかもしれません。

 

 

 

角川春樹事務所

 

 

 

【言及リンク】

 

 


筒井ともみ 『旅する女』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 集子に旅のコーディネイトを依頼していた4人の女性たちは

 

見知らぬ女性の浜田弥生からのメールにより、集子がパリで

 

交通事故に遭って死んだことを知った。

 

親族が居ない集子の身元引受人の様な事をしていた

 

浜田弥生に集子の事故死の連絡が来て、現地整理をしていたら

 

4人の女性の作りかけの旅のコーディネイトの資料が

 

見つかったのは、4人の女性たちを引き寄せるのには

 

必然だったのでしょう。

 

 

 

 途中まで作成されたコーディネイトの資料を

 

4人の女性は受け取ったが、それぞれが現在抱えている

 

問題に対処するのが精いっぱいで

 

旅に出発しようとする人は、なかなか現れず。

 

そんな中、集子が日本で済んでいた住居に

 

ひとり移り住む学生の風。

 

浜田弥生との話によりインドへ行き事を決めた

 

風は、学生(学校には通っていない)という

 

こともあって、両親に借金をして旅立つ。

 

そこであった、不思議な体験を他の女性たちに

 

伝えると、彼女たちは背中を押された感じで

 

新たな人生に舵を切る。

 

冒険はないけど、普段の生活から抜け出るのは

 

とても勇気がいること。4人の女性たちが

 

向かう人生は、これまでとは一味違うものに

 

なるでしょう。

 

 

 

講談社

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


丸戸史明 『冴えない彼女の育て方13』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

冴えない彼女の育て方シリーズ

 

 

 

 

『blessing software』の2作目

 

マスターアップ直前に1作目と同じような状況が発生。

 

前回、澤村・スペンサー・英梨々は別荘でダウン。

 

しかし、波島出海はラフスケッチを描きまくり

 

柏木エリ(澤村・スペンサー・英梨々)を

 

サポートに使い、7枚も描いてしまう程の

 

成長ぶりには、流石のツンデレ娘も負けを認めました。

 

やはり、ピンチの時は仲間と一緒に居たほうが

 

悪い方向に進まずに済むのですね。

 

 

 

 すっかり、ラスボス化した加藤恵は怖いものなし。

 

澤村・スペンサー・英梨々や霞ヶ丘詩羽に

 

圧勝しただけではなく、『冴えない彼女の育て方』のメインヒロイン

 

としての安芸倫也を掌で弄ぶ、悪女っぷりまで

 

でてくるとは、当初の目立たないスティルス加藤恵とは

 

別人のようです。

 

ああ、安芸倫也の人生は終わりです?

 

 

 

 合宿で泊り込みだったにもかかわらず

 

志望校に入学できた加藤恵。

 

しかし、氷堂美智留は、受験失敗。

 

そして、安芸倫也も全滅。

 

ふたりともニートですね。

 

しかし、氷堂美智留のバンドは大人気。

 

でも、安芸倫也は・・・。

 

ここで、『blessing software』の3作目の

 

製作で加藤恵は、安芸倫也を罠に嵌める。

 

ああ、悪い女ですね。

 

澤村・スペンサー・英梨々のツンデレなんて

 

可愛いものです。

 

 

 

富士見書房

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


片川優子 『チロル、プリーズ』

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

 

 『チロル、プリーズ』のキャッチコピーは

 

「もう糖分摂取しなきゃ 

 

 やってられないよ、

 

 この世の中。」

 

とても、女子高生が言うようなセリフでは

 

ありませんが、受験と云う戦争の中では

 

チロルチョコでも食べて、脳に糖分を送らなければ

 

予備校の授業を集中して受けられないと

 

いったところでしょう。

 

 

 

 友人のトキコが勉強していたら、いきなり

 

「あ、そういやあらし、結婚するから」

 

と言われた日には、驚きをとり越え、怒りしか感じられない

 

のでしょう。受験勉強中というに云うセリフではありません。

 

しかも、相手は十歳も年上。トキコは、受験ノイロウゼに

 

なったのかと思われても仕方がないこと。

 

ここから、チャコとトキコの冷戦がはじまります。

 

 

 

 チャコがトキコとの冷戦中に出会ったのが

 

犬顔のボンちゃん。

 

チャコに同情したのか、それともチロルチョコで

 

チャコに餌付けしようと思ったのか

 

チロルチョコがボンちゃんとチャコを

 

取り持ちます。チャコも受験生なのに

 

様々な出来事が起こり、

 

こんな状況下でチャコが

 

「もう糖分摂取しなきゃ やってられないよ、この世の中。」

 

と言ったのならば、リアリティーがあります。

 

 

 

 青春ものとしては、ちょっと軽い感じなので

 

1日で読めてしまいました。

 

 

 

講談社

 

 

 

【言及リンク】

 


大崎梢 『忘れ物が届きます』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 5つの短編からなる『忘れ物が届きます』。

 

どの編も忘れていたことを突然思い出させ、犯罪等を

 

思い起こさせる、モダンホラーのような作品でした。

 

 

 

 『紗羅の実』は、不動産仲介の仕事で立ち寄った

 

客先で、小学校時代の先生とあったことから

 

昔の拉致事件について、先生からの事件の推理を聞かされる。

 

営業マンが小学校時代に体験した、拉致事件と

 

その友達の父親がビルで転落死した事件を結びつけるもの。

 

それは椿の実。椿の実をストラップに使っていることに

 

気付いて元教師。拉致事件と転落死事件の関わりを推理

 

したが、それは間違った推理でした。

 

やはり、人が想像するよりも事件は奥深く

 

そして、出来事は容赦のない現実。

 

最終的に営業マンが一人になったところで

 

明かされて事実は、怖いですね。

 

なんだか、呪詛の世界を垣間見た感じがしました。

 

沙羅双樹の実、それは夏椿と呼ばれている木の実ですが

 

営業マンが持っていたのは、椿の実。

 

沙羅双樹の実の花言葉は、『哀愁』。

 

しかし、椿の花言葉は『謙虚な美徳』。

 

このふたつの花言葉が、『紗羅の実』ストーリーに

 

関係していたことを後で知りました。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/4e3f518cbb

 

 


| 1/135PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode