白石まみ 『ボニンブルーのひかり』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 バリバリ働いていた父親が、とっつぜん電池切れ状態に

 

なってしまった。そして、主人公は納得のいかない就職活動に

 

見切りをつけ、一国主の道へ歩もうとする

 

そんなおり、東京の竹芝桟橋から出航するおがさわら丸で

 

25時間(天候によって、かかる時間は変わってくる。)も

 

かかるのは、船酔いしそうです。

 

大島のように航空機やヘリコプターで移動できないのは

 

時間に余裕のある人しか、観光では行けません。

 

そんな父島に移住しとうとする家族は、冒険に出るように

 

思えます。

 

 

 

 内地と違い島には求人が出ているが、殆どは

 

口コミで決まってしまうのは、島という衛差的な

 

社会だからなのでhそうか?

 

しかし、移住に成功した人たちが本書にも登場します。

 

また、コーディネイター(本書では、紺野里彩)と

 

呼ばれる人が、地元の人と移住しようとする人の

 

関係構築の手助けを行っています。

 

主人公の長谷川瑛介も紺野里彩に力添えにより

 

アリバイトで認められ、次々と職が来るようになりました。

 

このように現地では、複数の仕事を掛け持ち

 

高い物価、高い家賃で狭い住宅に飽きることなく

 

生活できる人しか暮らしていけない過酷な

 

環境だということが本書を読んで解りました。

 

 

 

河出書房新社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


渡辺淳子 『東京近江寮食堂』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 失踪して10年目に夫から葉書が来たので

 

消印を手掛かりに滋賀県から東京にやってき寺島妙子。

 

手始めに蕎麦を食べたのが、運のつき?

 

関西風の汁のように出汁がきいていない関東風の

 

汁に閉口し、上野でスリにあって有り金を全て

 

取られてしまう。財布は後に見つかったが

 

中にあった現金は、全て抜かれて一文無し。

 

そんな不運の中、見つけたのというか

 

財布の拾った人が居たのが、『東京近江寮』。

 

近江の名前が付いているように、滋賀県公認宿泊施設。

 

滋賀県の住人ならば、一泊二千円。

 

これは、現金をすられた寺島妙子にとっては渡りに船。

 

しかも、管理人の鈴木安江は怪我をして

 

料理が作れないので、寺島妙子が宿泊者用の料理を

 

作ることで宿泊費を大幅に割り引いてもらう特典付き。

 

また、鈴木安江が通る料理は、恐ろしく不味く。

 

寺島妙子が作った郷土の料理が、病んだ人たちや

 

海外から来た人の心を癒す。

 

これは、瓢箪から駒?

 

夫探しに東京まで来た甲斐がありました。

 

不幸だった人生から、自らの人生を切り開き

 

幸福を勝ち取っていく寺島妙子のストーリーは

 

とても面白かったです。

 

 

 

光文社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


綿矢りさ 『夢を与える』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 自分の元から去ろうとしたトーマに行くところが無いから

 

と言って、トーマの家に転がり込み、同棲生活を始め

 

子を宿す作戦に出た幹子の人生は、正に肉食系女子。

 

序盤のストーリーの展開からして、幹子の人生を

 

描いた『夢を与える』だと思っていましたが

 

夕子が生まれ後の幹子は、夕子の教育と芸能活動を

 

支える裏方として生きていきます。

 

今までの肉食系だったのに娘を支える母親。

 

そして、自分の野望を娘を使って叶えるものとして

 

生きていきますが、日頃の行いが悪かったせいなのか

 

娘が反抗期?になり、コントロールできなくなり

 

事件を起こして芸能界から事実上の追放。

 

母親の幹子の行いを見てきた、娘の夕子の

 

遣っていることは同じようなもの。

 

自分勝手な行いが、色々な人の信頼を裏切り

 

最後には、誰も救いの手を差し伸べてくれない様な

 

状況に陥ってから、悟った周りに居た人たちの

 

心遣い、娘の夕子は、失敗して学びましたが

 

母親の幹子は残念ながら、そのことが判らず仕舞い。

 

やはり、失敗から何かを学ばなければ

 

同じ失敗の繰り返しの人生になってしまうのでしょう。

 

 

 

河出書房新社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


綿矢りさ 『大地のゲーム』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 学園祭の準備をしていたら、追い回している人から

 

逃れるためにマリが準備室に入ってきた。

 

しかし、学生デモだなんて、いつの時代でしょう。

 

しかも「我々は宇宙を疑うべきである!」なんて

 

どこかのカルト教団の様な主張をしています。

 

この本は一体、いつの時代の事を語っているのでしょう。

 

しかも、学校に思想グループだなんて、政治結社みたいです。

 

 

 

 学生食堂のからあげは、理学部が実験用に捕まえた

 

カラスの肉という風評が広まっているのは

 

オカルトブームが流行っていた1970年代

 

かと思っていたら、『消化スナック』などという

 

食べても体に何一つ残らない、近未来的な謎の食べ物が

 

出てくるし、冷凍食品はカロリーが高く

 

ダイエットには生の食品が良いという都市伝説の

 

様な話まで出てきます。

 

 

 

 幾ら、学園祭の準備だからと言って、学校内で

 

飲酒するのは、ちょっと昔の時代ですか?

 

読んで行くうちに大地震によって学校に幽閉されてこと。

 

支援物資がスポンサーの都合でハンバーガーとワインという

 

学校内に居る人達にとっては、とても信じられない代物

 

だったこと。そんな中で、起こった学生運動。

 

そして、廃部の派閥による抗争。

 

外との行き来はあるが、大地震のため

 

ライフラインは、完全復旧していないなど

 

特殊状況化での出来事でした。

 

 

 

新潮社

 

 

 

【言及リンク】

 

 


沖田円 『神様の願いごと』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 七槻千世は、自分が何がしたいのか判らないため

 

進路調査票を書けずにいたところ、担任の先生に

 

捕まってしまい、居残りになってしまいました。

 

折角、進学校に行ったのに大学に行きたいとか

 

将来の夢が無いのは、ちょっと不思議です。

 

 

 

 三波屋のまんじゅを買ってを学校帰りに

 

食べながら道を歩いていると、突然の雨。

 

これは、七槻千世の日頃の行いが悪いから

 

なのでしょうか?

 

制服がすっかり濡れてしまい。雨宿りに

 

立ち寄った神社に居たのは、古風な服装をした

 

イケメンでした。

 

なんだか、こんな展開をどっかで見たことが

 

ありますよ!

 

三波屋のまんじゅ分けたお礼に願い事を

 

叶えてくれるというイケメン(常ノ葉)。

 

しかし、夢が無い七槻千世は、雨が止むことを

 

願ってしまいました。

 

ああ折角、美貌を手に入れるチャンスだったのに。

 

雨が止んだのは、少しの間だけ。

 

これも七槻千世が夢を持っていないから?

 

そんな七槻千世に天罰が。

 

常ノ葉(神様)が七槻千世に神様の手伝いを

 

しないと呪われるという呪い?をかけました。

 

夢が無いだけで呪われるなんて、理不尽な

 

気がしますが、それは神様の計画によって

 

七槻千世の人生が変わる第一歩だとしたら

 

素敵かもしれません。

 

 

 

スターツ出版

 

 

 

【言及リンク】

 

 


| 1/143PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode