サイエンスZERO 『ニャンとびっくり! 科学で探る ネコとヒトとの優しい関係』

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

 

 

 

 

 

 猫特集第2弾!

 

飼い主の声を猫は、聞き分けられるのか?

 

とても面白い実験ですね。

 

実験結果では、飼い主の声を聞き分けていました。

 

そして、飼い主の声を聞き分けても

 

返事をしないことがある。

 

それは、猫が鼠を取ることで人間との関係を

 

構築したことによるもの。

 

猫は犬と違い、独立心が強いとも言えます。

 

 

 

 猫がツンデレな態度をするとき、飼い主の脳が活性化する。

 

そして猫を飼っている人は心筋梗塞になる確率が

 

猫を飼っていない人よりも40%も低い。

 

驚くべき数字ですね。

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

次話 『人間とは何か?アンドロイド研究最前線』

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


地球ドラマスチック 『社交ダンスボーイズ』

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

 

 

 

 

 

 イギリスでは、社交ダンスをする少年が少なく

 

女性が男性を組める確率が低い。

 

競技会に出場するときはメイクが必須。

 

なので、学校ではゲイといわれるのは可愛そうですね。

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

次話 『空の旅 知られざる舞台裏』

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


深夜食堂 第二話 『猫まんま』

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

 

めしやの店じまい直前に駆け込んできた

 

みゆきが注文したのは、猫まんま。

 

あったかいご飯の上に鰹節を掛けて

 

その上に醤油をたらす。

 

なんとも素朴な料理ですね。

 

 

 

 鰹節を削り、鍋で飯を炊く。

 

なんとも昭和チックな映像です。

 

しかし、出てきた猫まんまは

 

とても美味しそう。

 

 

 

キャスト

 マスター・・・・・・小林薫

 忠・・・・・・・・・不破万策

 小寿々・・・・・・・綾田俊樹

 マリリン・・・・・・安藤玉恵

 ミキ・・・・・・・・須藤理彩

 ルミ・・・・・・・・小林麻子

 カナ・・・・・・・・吉本菜穂子

 ゲン・・・・・・・・山中山崇

 小道・・・・・・・・宇野祥平

 金本・・・・・・・・金子清文

 八郎・・・・・・・・中山祐一郎

 足立サヤ・・・・・・平田薫

 コウ・・・・・・・・吉見幸洋

 夏木いづみ・・・・・篠原ゆき子

 かすみ・・・・・・・谷村美月

 木内晴美・・・・・・片岡礼子

 屋台のおじさん・・・中沢青六

 洲崎つたえ・・・・・野嵜好子

 キミトシ・・・・・・高橋周平

 剣崎竜・・・・・・・松重豊

 野口・・・・・・・・光石研

 みちる・・・・・・・多部未華子

 千恵子・・・・・・・余貴美子

 小暮・・・・・・・・オダギリジョー

 カタギリ・・・・・・オダギリジョー

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

次回 『お茶漬け』

 

 

【言及リンク】

 

 

 

 


朝日新聞校閲センター  『常識として知っておきたい 正しい日本語の練習』

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 朝日出版社から出された本だととばかり思っていたら

 

本書はPHPエディターズ・グループの出版でした。

 

ちょっと意外な感じがします。

 

 

 

 『知っておきたい!正しい意味』では

 

『返り討ち』は、果たすのではなく

 

復讐に来た者が逆に撃たれることを

 

『返り討ちにあう』という。

 

近年、リベンジすることを『返り討ちを果たす』と

 

使っているのが見受けられるが、実は間違い。

 

そのような間違って使われ得いる言葉の例を

 

あげながら説明しているのは、言葉を間違って

 

使っていることを自覚させられる。

 

 

 

 『知っておきたい!正しい使い分け』では

 

『身につまされた』と『身につままれた』の

 

使い分けが印象に残りました。

 

『つまされる』とは、あるデイ事が他人事でなく

 

自分のことのように思い、しみじみ哀れにおもうことであり

 

『つままれる』は、狐に化かされるというように

 

騙されたり化かされたりすること。

 

似た言葉でも意味合いが全然違うのですね。

 

 

 

PHPエディターズ・グループ

 

 

 

 

【言及リンク】

 

 


渡辺裕之 『新傭兵代理店 欺瞞のテロル』

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

新傭兵代理店 シリーズ

 

 

 

 川内原子力発電所内で職員のみが使用しているサイトが

 

ハッキングされて、遂に国内でもテロ勃発の可能性が高まる。

 

そして、海外に居た藤堂浩志のもとに外務省から仕事の依頼が来る。

 

傭兵代理店を通さずに来た仕事を藤堂浩志は一旦断るが

 

仕事の内容を聞いて引き受けるあたりは、藤堂浩志が

 

自らのポリシーで仕事を行っているからでしょう。

 

依頼料でなく仕事内容で決めるあたりは

 

フリーの職人でも、なかなかできないことです。

 

しかし、自らのポリシーに沿って仕事をしているからこそ

 

色々なところからリベンジャーズに仕事の依頼が

 

来るのでしょう。実績も大事ですが、やはり信頼できる

 

組織かどうかというところなのでしょう。

 

 

 

 別件で森美香が追っていた藤堂浩志の父親が

 

亡くなった真相は、意外なところで川内原子力発電所サイト

 

ハッキング事件と繋がりましたが、本書ではこちらの

 

真相については闇の中といった感じで

 

黒幕に躍らせられたISのハッキング担当のみを

 

制圧したのは、この事件が次巻に繋がっていくと

 

いうことなのでしょうか。

 

ちょっと終わり方があっさりしすぎて

 

拍子抜けでした。

 

 

 

祥伝社

 

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 

 

 


| 1/287PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode