佐野徹夜 『君は月夜に光り輝く』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 本書は『第23回 電撃小説大賞』受賞作品です。

 

書店に行ったら、とても目立つ表紙。

 

朝焼け?の中に少し浮きながら発光する少女。

 

とても幻想的な表紙です。

 

 

 

 挿絵の少女は、下校シーンや学校の中のような

 

シーンが描かれていますが、渡良瀬まみずは入学以来

 

一度も登校したことがありません。

 

唯一、入試の時だか学校に来たので

 

同級生は、渡良瀬まみずの容姿を知っている

 

人は殆どいません、

 

 

 

 渡良瀬まみずにクラス全員が書いた寄せ書きを

 

担任の芳江先生に持っていくことを立候補した香山彰。

 

しかし、風邪を引いたとのことで、変って病院に

 

岡田拓也が行く羽目に。

 

香山が病院に行けなくなった理由は、どうやら

 

仮病の気がするのが、なんか事情がありそうな

 

気がしますが、とても怪しすぎます。

 

 

 

 渡良瀬まみずの願いのアーモンドクラッシュのポッキーを

 

食べたいと言う願いを叶えたことから始まった

 

渡良瀬まみずと岡田拓也の交流。

 

から始まった、『渡良瀬まみずの死ぬまでにしたいこと』の

 

お手伝い、メイド喫茶でバイトすることや

 

一人で遊園地に行くことなど、どれも奇抜な事ばかり。

 

なんだか、渡良瀬まみずは死ぬ前に岡田拓也で

 

遊んでいるような気がします。

 

 

 

アスキーメディアワークス

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 


サイエンスZERO 『カガクの“カ”♯2 北極海Saya謎生物』

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

 

 

 

 東京三鷹の海上技術研究所では、水槽で北極海を再現している。

 

それは、地球温暖化で北極周辺の海路を使って日本から

 

ヨーロッパに向かうと従来より、7,000km近くなる。

 

そこで、海上技術研究所では氷を割って進む技術を研修している。

 

しかし、番組では語られませんでしたが、暖かい地域で使う燃料と

 

寒い地域で使う燃料は、違います。

 

航空機のっ場合、寒さで燃料が凍らないように

 

添加剤が混ざっているので、同じ量でも

 

暖かい地域と寒い地域で使う燃料の値段は違っています。

 

この差額を上回るメリットが無ければ、北海航路は

 

発展しないでしょう。

 

 

 

 CGキャラクターSayaは、実物の女子高生のように

 

とても、生き生きしています。

 

新しいバージョンは、目の前の人に手を振ったり

 

目を背けたり、とても人間らしい行動をします。

 

感情豊かなのがSayaは、素敵ですね。

 

 

 

 マダラコウナメクジは、ヒアリような外来種。

 

ここ10年で比嘉に資本を中心に増えている生物です。

 

一般のナメクジが7cm程度なのに

 

マダラコウナメクジは、倍の15cm程度あります。

 

そして、苺やキャベツ、きのこなども食べ

 

他のナメクジの住処を奪います。

 

ヒアリほど注目度が無いので、被害状況が把握できません。

 

そこで番組では、見つけたマダラコウナメクジの写真を

 

募集します。

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

次話 『巨大空間発見! 解き明かされる秋芳洞のヒミツ』

 

 

 

【言及リンク】

 

 

 

 


地球ドラマスチック 『バミューダ・トライアングル〜科学で迫る魔の海域〜』

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

 

 

 

 

 過去、多くの船舶や航空機が突然、消える事件が

 

起こっているフロリダ半島、プエルトルコ、バミューダ諸島を

 

結ぶ魔の海域バミューダ・トライアングル。

 

最新の科学技術で海の水をはぎ取って、海底を見る。

 

ソナーマッピングを使って、海底を見てみると

 

島の近くの海底に山が存在しています。

 

バミューダ諸島も海底山脈の頂上にあり

 

その斜面には、サンゴが広がっている。

 

サンゴに群がる軟体動物などの死骸が、堅い石灰岩を

 

形成し、それが海面近くまで迫っているものもあり

 

船体を傷つけるため、船乗りたちを苦しめています。

 

 

 

 バハマ諸島近海の水深5mのところには不思議な

 

構造物があります。石畳の様なもの。

 

それは、ビニニロードと呼ばれており

 

石灰岩で、できた自然の構造物です。

 

また、ローグ島にはブルーホールがあります。

 

内陸部にありながら、海水に満たされている。

 

石灰岩が浸食され、海面に沈んだものだと

 

考えられています。

 

 

 

 バミューダ海域は、ハリケーンの通り道。

 

複数のハリケーンの影響で暴れ波が発生して船が転覆した

 

可能性やメンハイドレードのガス溜まりが壊れて

 

船が転覆する可能性もあります。

 

また、プエルトルコ邂逅の地殻変動により

 

地滑りが起きて、強大な津波が発生した可能性も考えられて

 

います。バミューダ・トライアングルの謎は

 

まだ謎が一杯あります。

 

 

 

公式サイト

 

 

 

 

次話 『巨大展示物 入れ替え大作戦〜ロンドン自然史博物館〜』

 

 

 

【言及リンク】

 

 


山口孝三郎 『猫曰く、エスパー課長は役に立たない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

 本書は、『猫曰く、エスパー課長は役に立たない。』は

 

アスキーメディアワークスのレーベルから出版されていますが

 

本の内容から見て、角川文庫から出版されても違和感が

 

ありません。本書に収録されている『昼食事情によくある風景』が

 

『電撃文庫MAGAZINE電子限定号vol.2』が

 

初出だからなのでしょう。

 

最近よく思うのですが、ライトノベルズと通常のレーベルとの

 

境が益々判らなくなってきました。

 

そのうちライトネベルズというカテゴリーも

 

無くなる気がします。

 

 

 さて本書のタイトルに出てくる猫ですが

 

『楽京(らきょう)』と呼ばれる茶トラであるが

 

不幸事に飼い主がコロコロ変わり、最後?に辿り着いた

 

家主(千川兆介)の妻や娘たちからは、見下されている

 

処遇だげ、気ままに生きているところが

 

勇ましい。本書は、タイトルからすると楽京の視点で

 

家主である千川兆介課長の出来事を語られると

 

推測していたら、楽京の視点は冒頭だけで

 

あとは、千川兆介課長の視点で描かれていました。

 

 

 

 千川兆介課長は、人や物に触れると人の体験や

 

思いが判る超能力を持っているが、常にその能力を発動

 

できないのが、この能力の欠点です。

 

例えば、母親の遺品に触っても燈叙の気持ちは判らないが

 

部下の女性に触れたら、トンデモナイ殺人犯だったとか

 

通常の仕事では、全く役に立たない。

 

本書は冒険がある訳でもなく、スリルがある訳でもないので

 

ちょっとした超能力者の日常を描いた作品でした。

 

 

 

アスキーメディアワークス

 

 

 

【言及リンク】

 

 


丸戸史明 『冴えない彼女の育て方GirlsSide3』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

冴えない彼女の育て方シリーズ

 

 

 

 

 誕生日デートを安芸倫也にすっぽかされた加藤恵に

 

波島出海からの誕生日イラスト(実はゲームのイラスト)を見て

 

自分が叶巡璃(ゲーム『冴えない彼女の育て方(仮)のメインヒロイン』の

 

ような表情を安芸倫也に見せていたと気が付き

 

ラスボスへの変貌が始まってしまいました。

 

これは避けられない事態。

 

しかし、怨むのは澤村・スペンサー・英梨々、霞ヶ丘詩羽や

 

紅坂朱音でなく、敵の元に走った安芸倫也。

 

この恨み、一生ものです。

 

 

 

 妹の波島出海を操り、加藤恵に『blessing software』の

 

仕事をさせようと画策する波島伊織。

 

しかし、ラスボス化した加藤恵は

 

普段でも波島伊織を無視するだけのことあって

 

効果なしどころか、波島出海に加藤恵のひとにらみで

 

天誅が・・・。

 

可愛そうな波島出海。

 

よく考えもせず、装備もきちんとせずに

 

ラスボスの前に出て、痛恨の一撃を喰らうのは

 

当然の事。生きて帰れただけでも儲けものです。

 

 

 

 一方、氷堂美智留は霞ヶ丘詩羽に泣きを入れ?

 

いやいや、弱みを掴み加藤恵をラスボスから

 

ヒロインに戻す策(シナリオ)を作ってもらい実行する。

 

流石は商業デビューしている作家さん。

 

加藤恵の心の内をさらけ出し、黒化を解消!

 

しかし、安芸倫也への恨みは依然続く。

 

そう、『この恨み一生ものです』。

 

 

 

富士見書房

 

 

 

【言及リンク】

 

 


| 1/345PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

現在の時刻

アクセス数

アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンモテコン婚約指輪サーチ浄水器・整水器通販

日本の風景


日枝神社 / kei51

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    波津雪希 (03/14)
  • 地球ドラマスチック 『カッシーニ 土星探査の軌跡』
    はまかぜ (03/11)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    波津雪希 (11/27)
  • 地球ドラマスチック 『ストーンヘンジ〜巨石建造物の謎を追う!〜』
    はまかぜ (11/25)
  • 映画 『バリー・シール アメリカをはめた男』
    KGR (11/23)
  • 映画 『無限の住人』
    波津雪希 (05/14)
  • 映画 『無限の住人』
    Hiro (05/13)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    波津雪希 (05/07)
  • 映画 『ワイルド・スピード アイスブレイク』
    BROOK (05/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode